日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > セ・パ最下位候補の戦力事情

「評論家全員が…」「番記者も…」順位予想で酷評されたセ・パ最下位候補の戦力事情

文=石井洋男(いしい・ひろお)

「評論家全員が…」「番記者も…」順位予想で酷評されたセ・パ最下位候補の戦力事情の画像1
横浜DeNAベイスターズ公式サイトより

 プロ野球ファン待望のシーズン開幕の日がやって来た。今季もコロナの影響で、観客制限や9回打ち切りなど特別ルールでの開催となるが、その程度のことで戦力差は埋まらない。両リーグとも、ダントツのビリ予想をされているチームがある。セ・リーグは横浜DeNAベイスターズだ。

「昨年4位だったDeNAは監督が変わりましたが、今年は厳しい戦いになること必至です。昨年打率リーグ2位の梶谷隆幸と、チームで2位の勝ち星を上げた井納翔一を巨人に獲られたうえ、主軸のソトとオースティン、投手陣を支えるエスコバーがコロナで来日できず、開幕に間に合いません。昨季のチームHR数はリーグトップの135本でしたが、梶谷、ソト、オースティン、引退したロペスで半分以上ですから、破壊力は半減。目立った補強もなく、朝日新聞では番記者がビリ予想していて、関係者は苦笑いしていました」(週刊誌スポーツ部・在京セ・リーグ担当記者)

 コロナで外国人選手が来日出来ない問題は、政府が特例で入国を認め、厳しい防疫措置をとったうえで、待機期間の後に合流できる方針となったが、3月26日の開幕には到底間に合わない。これが全チームなら条件は同じだが、外国人選手が開幕戦から出られるように手配したチームもあり、DeNAは苦戦を免れない。一方、パ・リーグでは、日本ハムがダントツのビリ予想となっている。

「日本ハムは昨年、盗塁王、打点王、最高出塁率など、攻撃面では悪くない結果を残し、チーム防御率もリーグ4位でしたが、結果は5位。今年は勝ち頭の有原航平がメジャー移籍し、同じく8勝を上げたバーヘイゲンも来日できておらず、先発ローテーションがあまりに弱すぎます。めぼしい戦力補強もなく、こうなると期待がかかるのは斎藤佑樹、清宮幸太郎、吉田輝星といった甲子園スターたち。これでは上位予想するのは難しく、『スポニチ』の順位予想では、解説者8人が全員、日本ハムを最下位と予想しました」(別の野球担当記者)

 順位予想が当たらないものなのは、野球ファンなら誰もが知っていることだが、ここまで多くの人がビリ予想すれば、ある程度の信憑性はあるはず。誰もが気にするのは優勝争いだが、今年はDeNAと日本ハムの戦いぶりにも目を配ってみると、さらにシーズンを楽しめそうだ。

石井洋男(いしい・ひろお)

石井洋男(いしい・ひろお)

1974年生まれ、東京都出身。10年近いサラリーマン生活を経て、ライターに転身。野球、サッカー、ラグビー、相撲、陸上、水泳、ボクシング、自転車ロードレース、競馬・競輪・ボートレースなど、幅広くスポーツを愛する。趣味は登山、将棋、麻雀。

最終更新:2021/03/28 07:00

「評論家全員が…」「番記者も…」順位予想で酷評されたセ・パ最下位候補の戦力事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  猛暑...…
写真
インタビュー

小澤雄太が三谷幸喜からもらった金言

 昨年7月、コロナ禍のPARCO劇場再開第1弾作品として上映されたのが三谷幸喜作・演...
写真