日刊サイゾー トップ > 芸能  > 川口春奈、主演ドラマが芸能マスコミのネタに

川口春奈、7年半ぶり主演ドラマが芸能マスコミのネタにされる不幸

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

川口春奈、7年半ぶり主演ドラマが芸能マスコミのネタにされる不幸の画像1
TBS『着飾る恋には理由があって』公式サイトより

 4月20日に放送された川口春奈主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の初回平均視聴率が9.1%を記録。この数字がここ1年の同枠ではワーストのスタートだということで、芸能メディアが色めきだっているようだ。

「TBSの火曜10時枠は『逃げるは恥だが役に立つ』『恋はつづくよどこまでも』『私の家政夫ナギサさん』など、恋愛モノでヒット作を連発する注目枠となっています。今作も価値観の違う人々がひとつ屋根の下でさまざまな恋を繰り広げる“うちキュン”ラブストーリーとの触れ込みですが、前期の『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』の初回11.4%と比較すると低調なスタートに。とはいえ、『この恋あたためますか』などそこまでヒットしなかった作品も多々あるのですが、川口は過去の傷があるため、ここぞとばかりにネタにされてしまっています。彼女は13年に平均視聴率が 3.8%と大爆死した『夫のカノジョ』(TBS系)以来、7年半ぶりの主演でしたが、このまま数字が上がらなければ、当時一部の芸能メディアが報じたように、再び“視聴率恐怖症”に陥ってしまうかもしれません」(女性誌ライター)

 川口は女優やモデル業のほかにも、最近はスポーツキャスターやユーチューバーと活動の幅を広げてきた。とりわけ、公式YouTubeチャンネルの登録者数は127万人を誇り、ドラマの宣伝にも余念がなかっただけに、この出だしは周囲のスタッフとしてもショックだろう。

 テレビ誌ライターはこう分析する。

「川口は格闘家の矢地祐介と付き合っていることが報じられていますから、リアルがチラついてしまうのはマイナス要因だったのかもしれません。また、最近のヒロインは女性視聴者が感情移入しやすいよう“素朴さ”がトレンド。その点、川口は美人すぎてしまうんですよね」

 もちろんう全ての作品がヒットしてきたわけでもなく、『恋つづ』も、初回9%台からの右肩上がりで大ヒットとなった作品もある。また、川口1人が戦犯となるようなとらえ方には、芸能マスコミと制作側でも認識の差があることは忘れてはならない。

 ドラマの今後の巻き返しを期待したいところだ。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/04/23 22:00

川口春奈、7年半ぶり主演ドラマが芸能マスコミのネタにされる不幸のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真