日刊サイゾー トップ > カルチャー  > フィッシュマンズに海外からも静かな注目

フィッシュマンズ、“再評価”と海外における“熱狂”が示す可能性…「172分」大作ドキュメンタリー映画が7月公開

文=加賀美ジョン(かがみ・じょん)

『映画:フィッシュマンズ』公式サイトより

 日本の音楽史に名を刻むバンド、フィッシュマンズのドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』が7月に公開される予定だが、その予告編映像が公開され、話題となっている。

 1987年にボーカルの佐藤伸治を中心に結成され、91年4月21日に元MUTE BEATのこだま和文プロデュースによる「ひこうき」でメジャーデビューしたフィッシュマンズ。レゲエを軸に、ダブやエレクトロニカ、ロックステディ、ファンク、ヒップホップなどの要素を取り入れた音楽で高く評価されており、99年に佐藤が急逝して20年以上がたつ今も、幅広い層から支持を集めている。

 2018年から始動し、19年2月から撮影が始まったこのドキュメンタリー映画は、同年3月に「『フィッシュマンズ』vo.佐藤伸治の急逝から20年、あの孤高のバンドの映画化を実現したい!!」としてクラウドファンディングのプロジェクトが立ち上がると、目標額の1000万円を大幅に上回る、1800万円超を集めるなど大きな反響を呼んだ。

 昨年2月にクランクアップし、膨大な映像の編集作業などを経て、このドキュメンタリー映画がついに完成。7月9日より新宿バルト9、渋谷シネクイントほかにて公開される。監督やメンバーらのこだわりが詰まった同作の上映時間は172分。3時間近い大作だが、メンバーですら「見たことがない映像がある」と語るなど、貴重なシーンも少なくないようだ。

 メジャーデビュー30周年となる4月21日に、このドキュメンタリーの予告編映像が公開となったのだが、興味深いのは、YouTubeのコメント欄の半数近くが英語によるコメントだということだ。中にはスペイン語のものもある。バンドの公式SNSにも、英語でのメンションやコメントは散見される。

12

フィッシュマンズ、“再評価”と海外における“熱狂”が示す可能性…「172分」大作ドキュメンタリー映画が7月公開のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

もう中学生、ルール無用の「マイルール」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真