日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > Snow Man岩本照がまた問題行動!

Snow Man岩本照がまた問題行動! 今度は『滝沢歌舞伎』中止で“失言”!?

公式サイトより

 緊急事態宣言の発出と休業要請を受け、4月25日から5月11日までの公演中止を決定した『滝沢歌舞伎 ZERO 2021』。中止決定後の舞台での演出や公開動画が炎上するなど、中止による騒動はまだまだ収まりそうにない状況だ。

 最初の炎上については、4月24日の休止前最後の夜公演にて“滝沢歌舞伎は前に進み続ける”という意味で幕は下ろさず、Snow ManとIMPACTorsのメンバーが舞台にいるまま観客を見送るという形がとられ、この演出が今回の中止により行けなくなったファンの反感を買う事態に。観劇できた上にファンサービスなどの面でも手厚い対応を受けたファンがいるという事実に「不公平」「中止組に寄り添っていない」といった不満の声が続出した。

 そんな中、24日の夜、Johnny’s webのグループ連載ブログ「すの日常」をメンバーの目黒蓮が更新し、その内容にも一部のファンが反発する事態に……。

「目黒さんは中止について“悔しい”と明かし、25日の公演を観るために地方から遠征していたであろうファンを気遣いつつ、まずは命が一番大事であること。そして『舞台を続けられないことや観ることができないといった命の危険以外で悲しめているのは、実は幸せなことである』と記していました。しかし、そういった内容に説教くささやキレイごとと感じて反発するファンも多く、ネットは炎上状態になっていました」(芸能ライター)

 その後、25日に更新されたJohnny’s web内「すの日常 The Movie」の方では、メンバーがファンに舞台の中止についてメッセージ。リーダーの岩本照が代表となり「今こそね、こう1人ひとりが予防対策をしっかりとして、みんなでね、一丸となって、この壁を乗り越えていきたいと思います」とファンに語りかけて頭を下げて中止を謝罪し、他のメンバーも追随。その後、メンバーが「みんな、笑ってね」と声を上げるなど明るい雰囲気になるよう努めるなか、岩本は「誰もが経験したことないことだから……。ある意味、初じゃないですか」と発言。他メンバーも「そうだよ!」「笑って乗り越えよう」と口々に岩本に同意するなどしていた。 

 しかし、岩本の「ある意味、初じゃないですか」という軽い調子の言葉に違和感を覚えたとして、中止により行けなくなったファンを中心にブーイングが続出。「ファンに真摯に向き合ってたらそんな言葉でない」「滝沢歌舞伎中止組のこと考えてたらそんな発言出ないだろうに。どうしたのスノ」「岩本くんの『ある意味初』発言でまた中止組の傷口抉られたなーと。そんな初いらないし、その言葉でポジティブにしようとしないでほしい」といった意見が寄せられていた。

「4月27日には、こういったもろもろの炎上を踏まえたであろうラウールさんのブログが公開。今は自分たちの気持ちが伝わっていないような気がするとした上で、言葉を選びながら動画にはファンに笑顔になってもらいたいとうメンバーの思いがありみんなが落ち込むなか意識的に明るく振る舞ったことや目黒さんのブログもそういった想いが溢れていること。現在、何かしら観れなかった人のために滝沢歌舞伎を届ける方法はないかいろいろと考えていることなど、真摯なメッセージをファンに向けて送っていました」(同上)

 新型コロナウイルス蔓延というどうしようもない事態に対し「明るく前向きに乗り越えたい」というメンバーの想いと楽しみを突如奪われて気持ちの整理がつかないファンの想いのすれ違いによる今回の炎上騒動。なんとも難しいところだが、現状打破の妙案が出てくることを期待したい。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2021/12/03 01:28
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed