日刊サイゾー トップ > 社会  > スマホ業界にはびこる悪習「お得です」

スマホ業界の「お得です」は信用ならない? はびこる悪習を総務省が公表

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

総務省がとんでもないデータを発表した。なんとキャリア各社の販売代理店で働く店員のうち、4割強が「利用者の意向を確認せずに上位の料金プランを勧誘したことがある」というのだ。これまでもたびたび複雑な契約プランが話題となっており、国がそんなキャリア各社の態度に業を煮やしたことも2020年の秋から始まった“携帯電話料金値下げ”の動きに無関係ではないだろう。今回は、キャリア各社が不誠実な対応を続けていた事実が判明したことや、それに対する世間の反応についてお伝えしていきたい。

望んだプランに乗り換えたはずが…?

プラン選びは重要な選択だ

 総務省の調査によれば、スマートフォン通信サービスを提供するキャリア各社の代理店では、ユーザーのニーズをしっかりと確認せずに、より高いプランを勧誘する行為が横行していたようだ。例えばスマホをあまり使わない高齢者に対し、通信容量の少ない低料金プランで十分だと認識しながらも大容量の高額プランを勧める、といったことだ。

 こうした行為がまかり通る理由として、「これまでのスマホプランが複雑すぎた」ということがあるだろう。ユーザー側からも、何度読んでも全体を把握できないプラン内容へ…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/04/29 11:30

スマホ業界の「お得です」は信用ならない? はびこる悪習を総務省が公表のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田「名探偵」の正解

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真