日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『青天を衝け』では後半に描かれるか

『青天を衝け』では後半に描かれるか――渋沢栄一に影響を与えた尾高惇忠の愛娘 富岡製糸場の人身御供になり女工の歴史を変えた?

文=本田路晴(ほんだ・みちはる)

自らの娘を働かせ、なんとか女工を集める。

 惇忠はその後、域内の村々へ工女の募集に行く際は娘の勇を同行させ、「工場長、自らが娘を入場させているのだから富岡製糸工場は安全である」と説き、工女たちを集めていく。

 こうして、富岡製糸工場は当初予定の1872年7月から3カ月遅れの10月4日から操業を開始する。最終的には32道府県から工女が集まり、550人以上の工女たちが繰糸器械を操りながら、生糸生産に携わるようになっていく。技術伝習工女とも呼ばれた彼女ら工女は、技術習得後はそれそれの地元に戻り、最新の技術を広げることで日本の生糸産業を支え続けた。

 日本の生糸輸出は1909年(明治42年)に世界一となり、世界市場の80%を占めるまでになるが富岡製糸場はその象徴だった。

 これもよくよく考えれば、父である惇忠の窮状を見かねた勇のけなげな決断によるところ“大”だが……。ただ、今回の大河ドラマ『青天を衝け』では少女時代の勇を、子役の和田葵が演じているが、いまのところこれといったセリフもない。歴史の陰に隠れがちな存在とはいえ、日本の産業近代化に大きく寄与した勇。明治期を描くドラマ後編では、父の惇忠だけでなく、勇のもう少しの登場を期待したいところだ。

本田路晴(ほんだ・みちはる)

本田路晴(ほんだ・みちはる)

連邦海外腐敗行為防止法 (FCPA) に関する調査、ホワイトカラー犯罪の訴訟における証拠収集やアセットトレーシングなどの調査・分析を手掛ける米調査会社の日本代表。新聞社特派員として1997年8月から2002年7月までカンボジア・プノンペンとインドネシア・ジャカルタに駐在。その後もラオス、シンガポール、ベトナムで暮らす。東南アジア滞在歴は足掛け10年。

最終更新:2021/05/03 11:41
12

『青天を衝け』では後半に描かれるか――渋沢栄一に影響を与えた尾高惇忠の愛娘 富岡製糸場の人身御供になり女工の歴史を変えた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

小澤雄太が三谷幸喜からもらった金言

 昨年7月、コロナ禍のPARCO劇場再開第1弾作品として上映されたのが三谷幸喜作・演...
写真