日刊サイゾー トップ > 海外  > AKIRAとリン・チーリンが夫婦生活を初告白

AKIRAとリン・チーリンが謎に包まれている夫婦生活をメディアに初告白! 円満の秘訣は寝室でのルーティーン?

「日台最後のビッグカップル」AKIRAとリン・チーリンが謎に包まれている夫婦生活をメディアに初告白! 円満の秘訣は寝室でのルーティーン?の画像1
『ELLE Taiwan』公式Instagramより

 日本と台湾のビッグカップル誕生に沸いた2016年。それから5年後の今年、理想の夫婦としてもてはやされた卓球元日本代表の福原愛と、同じく台湾代表の江宏傑(ジャン・ホンジェ)が離婚へ向け協議を行っていることが報じられた。この離婚騒動によって、新たに“日台最後のビッグカップル”として注目を集めているのが、2019年に電撃婚をしたEXILE AKIRAと台湾のトップ女優・林志玲(リン・チーリン)だ。

 台湾中時電子報(5月5日付け)は、2人がファッション雑誌『ELLE Taiwan』のインタビューに応じ、夫婦円満の秘訣を語ったことを報じている。これまで謎に包まれてきた夫婦生活について、「自宅で過ごすときはいつも映画を観たり、運動を楽しんだり、またいつも手を繋ぎ合い愛を深めています」と語った2人。ビッグカップルのわりに意外にも地味という印象を受けるが、こうした指摘について林志玲は、「刺激的な結婚生活よりも、こうした生活を送ることで良い夫婦生活を長く維持できると思います」と話した。

 さらに2人が大切にしている夫婦のルーティーンが寝室での時間だという。2人は寝る前に、必ずその日にあった様々な出来事について互いに話をする時間を設けているという。その日の感想や苦労したこと、楽しかったことなどを話し共有することで、互いの心の声に寄り添い、互いをより大切に思えるようになると、夫婦円満の秘訣を語っている。

 台湾では今年2月から、2人が夫婦として初共演したペットボトル飲料のCMが放送されており、2人が中国語を一緒に話す姿が見ることができる。また、今回のファッション雑誌では2人が見つめ合いハグするショットも収められており、台湾でも大きな話題となっていた。

 日台最後のビッグカップルと言われるAKIRA・林志玲夫妻には、今後もスキャンダルの心配はなさそうだ。

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

明治大学卒業後、中国の重慶大学へ留学。メディア論を学び、帰国後は中国の社会問題についてウェブメディアを中心に執筆している。

ひろせだいすけ

最終更新:2021/06/04 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed