日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 山口俊、“問題児”でも巨人出戻り復帰の公算―原監督が鍵?

山口俊、“問題児”でも巨人出戻り復帰の公算―原監督が鍵?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

山口俊、問題児でも巨人出戻り復帰の公算の画像1
写真/GettyImagesより

 米大リーグ・ジャイアンツ傘下3Aサクラメントに所属していた山口俊が自由契約となったことが4日、複数のアメリカメディアが報じた。今後は古巣の読売ジャイアンツが獲得するかどうかに焦点が移る。

 2019年オフに読売ジャイアンツから球団史上初のポスティングシステム利用でトロント・ブルージェイズと2年総額635万ドルで契約を結んだ山口は主にロングリリーフでの登板が多かった。今年2月に契約解除になると、サクラメントと契約。開幕メジャーを目指したがかなわなず。3Aでも登板はわずか5試合で防御率も6点台ではなかなかチャンスが巡ってこないのにも納得がいく。

 大分の柳ヶ浦高から2005年高校生ドラフト1巡目で当時の横浜ベイスターズに入団した山口は2016年オフにフリーエージェントで読売ジャイアンツに移籍。先発投手として起用されると移籍2年目にはノーヒットノーランを達成。移籍直前の19年には15勝を挙げて最多勝をマーク。その他にも最多奪三振、最高勝率を記録して初のベストナインを受賞した。

 プロ野球OBは「ポテンシャルとしては申し分ない選手なのは間違いない。ただ、素行の悪さがいまだに日本球界内で尾を引いている」と口にする。

 30歳の誕生日を迎えた2017年7月、都内飲食店で右手の甲を負傷した後、治療のため訪れた救急病院の入口の扉を破壊、警備員を暴行するなどトラブルを起こした。後に傷害罪と器物損壊の疑いで書類送検されることになり、山口は謝罪会見を開き、頭を下げることになった。

「当時もコンプライアンスは相当うるさかったですが、今はどの球団もそれ以上。先日、度重なる不倫騒動で契約を解除された千葉ロッテマリーンズの清田育宏選手が、その最たる例でしょう。山口も以前はFA移籍でかなりの付帯条件をつけていたため、球団も守りましたが今回、帰国して巨人入りを目指すなら事情は異なる。相当厳しい契約を提示されても受け入れるかどうかにかかっているでしょうね」(同)

 ただ、ジャイアンツは当時も、原辰徳監督がチームを率いているのは山口にとっては朗報だろう。

「原監督は全権掌握している人物として球界でも有名です。今、チームは慢性的な投手不足で先発、中継ぎ両方で起用できる山口は是非とも欲しい選手。周囲から反対の声が挙がっても説き伏せることができるトップでもあります」(同)

 果たして巨人・山口俊は復活するのだろうか。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/06/07 06:30

山口俊、“問題児”でも巨人出戻り復帰の公算―原監督が鍵?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

家茂に囁かれた“秘密の側室”の存在

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

青木真也が語る、コロナ禍での海外遠征

 格闘技界において、変わらぬスタンスを貫き通している青木真也。  もはや説明不要のキ...
写真