日刊サイゾー トップ > 芸能  > おばたのお兄さん、五輪可否発言

おばたのお兄さん、五輪可否発言に「妻・山崎アナの立場考えよ!」とツッコミ

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

おばたのお兄さん、五輪可否発言に「妻・山崎アナの立場考えよ!」とツッコミの画像1
おばたのお兄さん 吉本興業 公式サイトより

 お笑いタレントのおばたのお兄さんが4日、地元新潟県の魚沼で東京五輪の聖火ランナーを務めたが、早くも心配の声があがっている。

 ランナーを務める前日の3日、おばたのお兄さんは自身のツイッターを更新。実家の目の前に広がる川の写真を掲載しながら、五輪出場確定選手とも話をしながら「聖火リレーは聖火ランナーの為のものではなく、選手のためのイベントなんだなと思いました!日本代表選手の背中を推せるように火を繋いできます!」とつづった。また、公式のインスタグラムのストーリーにも「僕らが辞退なんていうことはとても出来ないよ! 国の代表として出場する選手のために聖火を届けるぞ!」などと記した。

 地方の聖火ランナーを巡ってはこれまでもイモトアヤコら地元の出身の著名人が感染対策の観点から走行を取りやめていたが、芸能関係者は「今、開催の可否を巡っては以前と違って政治的発言と捉えるスポンサーがも多くなっている。理由は明確で、五輪スポンサーは多額の費用をつぎ込んだため、できればやって欲しい思惑がある一方で、その他の企業からすれば今の感染状況で五輪開催をプッシュするのは、下手すれば企業イメージの低下につながるからです。おばたのお兄さんも気をつけた方がいい」と警鐘を鳴らす。

 別のお笑い関係者は「彼はほかの芸人と1つ違う点がある。今後、五輪関連の発言には気をつけた方がいい」と釘を刺す。

「おばたのお兄さんの妻は、フジテレビの山崎夕貴アナウンサー。2018年3月に結婚し今年で3年目です。今春までは情報番組『とくダネ!』のサブMCを務めていたことも知られています。おばたのお兄さんが個人的に五輪開催を熱望するのは勝手ですが、可否を巡ってわざわさSNSで発信した場合、回りまわって山崎アナにも苦情が入りかねないことをわきまえた方がいい。民放テレビ局はスポンサー収入があって初めて成り立つ会社。五輪スポンサーにも、そうでない会社にもいい顔をしなければいけない難しい立場でもあります。場合によっては矢面に立たされるのはアナウンサーたちになる。そのリスクを夫であればしっかりと考えるべきではないのでしょうか」(同)

 おばたのお兄さんは新潟県糸魚川市からスタートした新潟県の聖火リレー初日のラスト、八色の森公園で聖火を聖火皿に移して無事、務めを終えたが今後の言動に注目が集まるのは言うまでもない。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/06/08 21:00

おばたのお兄さん、五輪可否発言に「妻・山崎アナの立場考えよ!」とツッコミのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

秋篠宮さま、埋めがたき親子の“距離”

今週の注目記事・1「創価学会が恐れるオウム以...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真