日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 松本人志の『コア視聴率』重視発言

松本人志の『コア視聴率』重視発言でとんねるず・石橋貴明がテレビ界に返り咲く?

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

松本人志の『コア視聴率』重視発言でとんねるず・石橋貴明がテレビ界に返り咲く?の画像1
写真/Getty Imagesより

 もう一度あの人の時代が来る?

 6月14日、ダウンタウンの松本人志が自身のツイッターにて6月12日放送の『キングオブコントの会』(TBS系)の「視聴率」について言及したことが話題を呼んでいる。

「松本が20年ぶりにコントを披露することを売りにしていた同番組ですが、世帯平均視聴率が6.8%と思ったほど伸びなかったことで、ネット上では『松本オワコン』コメントが殺到していました。そうした反応が不満だったのか、松本は『キングオブコントの会は内容的にも視聴率的にも大成功でした。ネットニュースっていつまで“世帯”視聴率を記事にするんだろう? その指標あんま関係ないねんけど』と反論。さらに、5時間後にはコア視聴率が横並びトップだったことをわざわざ補足していましたが、低視聴率扱いされたことがよほど悔しかったのでしょう」(テレビ誌ライター)

 確かに、松本が言うように13~49歳のコア視聴率は、今やスポンサー的にもテレビ局的にも世帯視聴率より重要な指標となっているという。

「実際、日曜ドラマの『コントが始まる』(日本テレビ系)は、『ドラゴン桜』(TBS系)に世帯視聴率ではほぼダブルスコアで負けていますが、F1層(20~34歳の女性)の視聴率に限れば、4月期の全ドラマの中でトップということもあり、局内に悲壮感はありません。テレビ離れで世帯視聴率が軒並み低くなっていることから、『王様のブランチ』(TBS系)も視聴率からツイート数にランキングの指標を変えるなど、大きく見せるための数字を必死に探しているのがわかります」(テレビ関係者)

 コア視聴率が注目され始めたのを悔しがっているのが、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の総合演出を務め、現在はとんねるず・石橋貴明のYouTubeチャンネルを手掛けるマッコイ齊藤氏だ。

「あるインタビューの中で、マッコイ氏は若い層を取り戻そうとしているテレビ業界に対し、『だったらなんで、コア層がめちゃくちゃ見ていた「みなさん」と「めちゃイケ」を終わらせたんだっていう話なんですよ』と憤っていました。石橋のYouTubeチャンネルは、今やとんねるず世代ではない30代以下の視聴者も多く、石橋はコアの数字が取れるタレントとなっています。テレビのメインどころからリストラされて2年あまりが立ちますが、時代の流れにより大復活を果たすかもしれません」(前出・テレビ関係者)

 コンプライアンス重視で冒険できなくなったと言われるテレビ界だが、コア層が重視されるようになったことで、改めてとがった企画で攻められるタレントが求められそうだ。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/06/19 12:00

松本人志の『コア視聴率』重視発言でとんねるず・石橋貴明がテレビ界に返り咲く?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

菅義偉首相“五輪強行”の思惑は

今週の注目記事・第1位「台本11冊を入手、開...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真