日刊サイゾー トップ > 芸能  > Koki,ホラー映画で初主演決定も…

Koki,ホラー映画で初主演決定も「SMAP解散」の恨みをぶつけられる?

文=田井じゅん(たい・じゅん)

Koki(@Kokiより)

 木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,が、清水崇監督の映画『牛首村』で主演を務めることが明らかになった。同作品は『犬鳴村』(2020)、『樹海村』(2021)に続く、「恐怖の村」シリーズ第3弾。北陸に実在する心霊スポットが舞台となるという。

 Koki,にとっては今回が女優デビューとなるが、ネット上では「親の七光りだ」、「経験もないのに主演をするのはおかしい」などと、かなり辛辣な意見も多いようだ。

「二世タレントが叩かれるパターンそのもの。でも、ホラー映画の世界では、演技の経験値がないセレブタレントが起用されることは決して珍しくない。基本的に、演技力うんぬんよりも、いかに映画の中で追い詰められるかが重要なんです。そういう意味では世間から反感を買っているセレブタレントというのは“追い詰められ役”として最適。観客の爽快感を煽ってくれますからね」(映画関係者)

 ある意味ベタなキャスティングでもあったわけだが、そんなこともお構いなしでKoki,バッシングは続く。

「Koki,については、ほかの二世タレントよりも、さらに厳しく叩かれている傾向にあります。というのも、元SMAPのファンがKoki,叩きに加担していると言われているんです。特に新しい地図の3人のファンの間では、SMAPが解散したのは、木村拓哉とその木村をそそのかした工藤静香のせいだという認識が定着している。だから、SMAP解散の“戦犯”の娘であるKoki,もまた、バッシングの対象なっているというわけです」(音楽業界関係者)

 つまりKoki,は、最初からアンチがいる状態でデビューしたことになるが……。

「でも、Koki,にアンチがいるというのは、映画製作者サイドからすれば、ある意味良い宣伝にもなるんですよね。良くも悪くもネット上で話題になりますから。もしもいい演技をすればそれはそれで嬉しいことだし、仮に大根演技だったとしても、それが話題になってくれる。しかも、演技を見る前からバッシングされているということは、その分ハードルも下がるので、本来よりも高く評価されやすくなる。Koki,の主演起用は、かなり絶妙なキャスティングですね」(前出・映画関係者)

『牛首村』の公開時期はまだ発表されていないが、Koki,の初演技が気になって仕方ないという人も増えそうだ。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/06/19 20:00

Koki,ホラー映画で初主演決定も「SMAP解散」の恨みをぶつけられる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真