日刊サイゾー トップ > 芸能  > Koki,「アンバサダー」は天職?

演技力や歌唱力、実力も不要! Koki,半端ない七光り感でも「アンバサダー」は天職?

文=日刊サイゾー

演技力や歌唱力、実力も不要! Koki,半端ない七光り感でも「アンバサダー」は天職?の画像1
Koki, 公式インスタグラムより

 実績もないのになぜかスペシャルな扱いを受けてしまうのが木村拓哉と工藤静香の次女のKoki,である。

 3月26日のインスタグラムにて、胸元が大きく切れ込んだオールブラックレザーの写真を投稿するや、ネット上では「まさにクールビューティー」「圧倒的な目ヂカラ」といった記事が乱立し、不自然なまでの総ヨイショ祭りとなっている。

 そんなKoki,といえば、世に登場して以来、ブルガリ、コーチ、ルイ・ヴィトンと立て続けに「アンバサダー」に就任。先日には、そこに高級化粧品ブランド・エスティ ローダーも加わった。

「『アンバサダー』とは、そもそもは『大使』を意味する英語。しかし、CMキャラクターとは微妙に違い、企業やブランド、商品のファンとしてSNSで口コミとなる情報を投稿、PRしてくれる『熱心な顧客』『純粋なファンとして商品を勧めてくれる層』というライトな役割で使用されることが増えていますね」(女性誌ライター)

 とはいえ、ネット上では「あまりにも分不相応で“この人でなくても良い”感が半端ない」との辛辣な声が上がるなど、一般層には必ずしも歓迎されていない様子だ。

「それでもKoki,のインスタグラムは326.4万人ものフォロワーがいますし、SNSを更新すれば、たちまちメディアが報道してくれる。新人モデルですからギャラも安く済むとあって、ブランド側にしてみれば、かなりコスパがいい。いつの間にか肩書が『モデル・作曲家』となっているのは驚きましたが、『職業・アンバサダー』といったほうがしっくりきますね」(週刊誌記者)

 俳優と歌手の娘であるにかかわらず。演技力も歌唱力も不要。まさに彼女にとって「アンバサダー」は天職と言えそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/04/01 19:00

演技力や歌唱力、実力も不要! Koki,半端ない七光り感でも「アンバサダー」は天職?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

韓国ドラマの「少年ジャンプ」的必勝パターン

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロ...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真