日刊サイゾー トップ > 社会  > 農水省のSNSバズりに、ネット民大爆笑!

ネット民大爆笑! 農水省が「ところてんの日」にSNSでバズった理由とは?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

官公庁のSNSのアカウントはお堅いイメージが付きまとうもの。霞が関で、なかでもお堅い官庁だと言われてきた農林水産省がここにきて、いろいろとバズり(ネット上で拡散)始めているようだ。6月10日の「ところてんの日」にちなみ、ツイッターに投稿したところ、これがこれまでの同アカウントからは考えられないレベルで盛り上がっている。

お堅いイメージを払拭する、親しいを感じるSNSが今後は増える?

「ところてんの日」Twitterで話題になりバズったツイート(農林水産省のTwitterから引用)

 官公庁や公人もSNSを使い、情報の発信やコミュニケーションを図ろうとしているが、内容は難しく堅苦しいものばかりといった印象がぬぐえない。ところが最近では、それがあなどれない様子。
 例えば、国会議員の河野太郎規制改革担当相のツイッター。その内容が面白いことから、高い人気を得ており、“神業”とまで称賛されるエゴサ能力を生かしたつぶやきをはじめ、「時計批判への返し」さらには「恋愛相談」など伝説が生まれているほどだ。

 今回バズった農水省の投稿は、6月10日に投稿されたツイート(@MAFF_JAPAN)だ。「清涼感のある見た目、プルプルした食感、心地よい喉ごし…まさしく今食べたい食品 #とこ…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/06/20 09:30

ネット民大爆笑! 農水省が「ところてんの日」にSNSでバズった理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

里咲りさ×吉野七宝実スペシャル対談

今回ご登場いただく対談相手は、あの「干物グラビア」が大バズりした吉野七宝実さん。所属して...
写真