日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 庄村聡泰、能登町の新名物を実食
元[Alexandros]庄村聡泰、イカ丼を喰らう

庄村聡泰、イカのモニュメント”で揺れる能登町の新名物を実食! 「文脈としては成立している、が…」

「わかりやすさ」と「伝える努力」

――「味付き船凍イカ丼」は能登町小木港で水揚げされた船凍(せんとう)イカをごま油や塩麹などで味を整え、コクを増すためにイクラを少し加えたものだそうです。「塩辛よりもあっさりとしていて、胡麻の風味が食欲をそそる味付け」だとか。解凍した「イカ丼」をあたたかいご飯に載せて召し上がっていただきます。

庄村聡泰、イカのモニュメントで揺れる能登町の新名物を実食! 「文脈としては成立している、が…」の画像3

サトヤス 冷凍といえどもイカの柔らかさと旨味はしっかり残っていますし、鼻を刺激するような塩辛さもなく見た目よりもフラットな味付けで上品な味わいですね。ご飯の上に載せて卵を載せてというのが推奨なんでしょうが、アレンジのしがいは結構ありそうです。クリームチーズを塗ったバゲットの上に一つまみ載せるとか、ごはんよりも酒の肴として活躍しそう。

――おお、高評価ですね!

サトヤス いや……もちろん、おいしいです。おいしいんですけど、忌憚のない意見としては、ご飯の上に載せるイカ丼として食べるのなら若干“弱い”かなと思います。ごはんとあっていないわけではないんですが”イカ丼”、つまり丼として見るならばちょっとフラットすぎる気がしますね。イージーでコンビニエンスでジャンクな食い物である丼としては、味が弱いんです。最近のコンビニ飯とかチェーン飯とか、そう言う意味では凄いじゃないですか? どこもカロリーマックスとか、メガとか、ペヤングなんかはペタとか出してますし。それが話題になったりもしてて。これが例えば旅館の朝食に出てくる小鉢にあったら、素晴らしいとは思うんですけどね。

――なるほど……。たしかに「丼」としては、ガッツリ食べられない感じですね。

庄村聡泰、イカのモニュメントで揺れる能登町の新名物を実食! 「文脈としては成立している、が…」の画像4

サトヤス 「たられば」になっちゃうんですけど、“あの”3000万円の”イカ像”を入口にするのであれば――の先にあるのは、もっとバカな味付けでもよかったんじゃないかって思いますよね。

 せめて、もっと色んなアレンジレシピを提案するとか。それで食事系のYouTuberとかWEBメディアとかに”イカ丼”をバラまいてコンテンツ作ってもらって“イカ丼”と”イカ像”共々のPRを仕掛けても良いと思うんですよ。言い方がキツいかもしれませんが、味としての「わかりやすさ」と、味を「伝える努力」が足りていない気がしますね。

――これも「たられば」ですけど、能登町が“イカ像”建立前からイカ推しの町だと全国に周知されていたら批判的な声がでたときも、もうひと盛り上がりあったかもしれませんね。

サトヤス ちょっともったいないですよね。調べてみたらきちんとバックボーンの文脈があるのに、その3000万円の“横の動きだったり下の動きだったり”をどれだけ整備しているのかは、気になりますよね。「だけでしたー!」では済まされないというか。作っちまったもんの責任もあるわけですから。

――今後、どうなっていくか期待しつつ、次回があれば能登町のイカの新製品も楽しみたいところです。

庄村聡泰(コラムニスト・スタイリスト)

ロックバンド[Alexandros]のドラマーとして2010〜21年に活動。バンド時代の収入ほぼ全てを注ぎ込むほど傾倒した音楽や洋服を中心に、映画やマンガ、アニメやグルメ、世界各地の珍スポットなどのさまざまなカルチャーに精通し、これらの知識と経験を生かしてライフスタイル提案型ファッションブランド「スナック NGL」を始動。また、歌劇な過激団 @furaku_taru の制作総指揮を務めるなどプロデュース活動や、#サトヤスタイリングとしてファッションスタイリングや、#ショウムライターとして音楽や映画をはじめさまざまなメディアでインタビューやコラムを執筆。自ら映画にも出演するなど精力的な活動を広げている。 #サトヤスタイリング #ショウムライター インタビュー

Twitter:@shomurasatoyasu

Instagram:@shomurasatoyasu

庄村聡泰のホームページ

しょうむらさとやす

最終更新:2022/02/03 01:06
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed