日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 松坂大輔がついに引退…

松坂大輔がついに引退… 戦った「スキャンダル騒動」の日々

松坂大輔がついに引退… 戦った「スキャンダル騒動」の日々の画像1
写真/Getty Imagesより

 プロ野球埼玉西武ライオンズの松坂大輔投手が今シーズン限りで現役を引退することが7日未明、複数のスポーツメディアが報じた。近日中にも正式発表するとみられる。

 野球関係者は「すでに松坂が関係各所にユニホームを脱ぐ旨の挨拶回りを始めている」と明かした。昨年、中日ドラゴンズからプロ生活を始めた西武に移籍、1軍での登板を目指していたがとうとう一度もかなうことなく現役引退が決まった。

「2020年7月にも手術を受けており、体の状態は相当悪かった。納得しなければキャッチボールすらしない性格ですから、慎重になっていたのは容易に想像できます。それでも、投げられない選手を雇うほど球団も余裕はありません。今回、引退を決めて球団側は助かったのではないでしょうか」(同)

 横浜高校時代、甲子園で春夏連覇を達成。1999年に複数球団競合しながら西武が交渉権を獲得し入団が決まった。ルーキーイヤーに16勝、新人王を獲得し3年連続最多勝をマークし「平成の怪物」の名をほしいままにした。

 2007年からはメジャーリーグに移籍してボストンレッドソックスと6年契約を結び、1年目にワールドシリーズ制覇したが、松坂と切っても切れないスキャンダル騒動はやはり現在の夫人、元日本テレビアナウンサーの柴田倫世氏との関係だろう。

 年上の柴田元アナと松坂は当時放送されたスポーツニュース番組の取材がきっかけで出会い、その後交際に発展。柴田アナの自宅に球界のエースが押しかける姿は何度も週刊誌に報じられ、格好の的となった。

「ある時、柴田アナの自宅に自家用車で向かった松坂でしたが、まさかの駐車禁止の行政処分を受けることになった。ところが球界のエースでライオンズの顔が駐禁だとバツが悪いと考えた当時の球団広報は何と身代わりで出頭。しかも、それが後に世間にも警察にも発覚し大騒動に発展したのです」(週刊誌デスク)

 松坂にとって不運だったのは今より緩いとはいえ世の中がありとあらゆる“もみ消し”に敏感になっていった時代だったからだ。

「プロ野球選手にトラブルはつきもので、西武はそうした事案の火消しに得意なフロント、コーチがいましたから。彼らの活躍によってスキャンダルを免れた選手は数知れずです。一方で松坂の時代は露骨にやるとバレだした時代です。身代わり出頭はいい例で、以前なら見逃されたことが漏れるようになった」(同)

 超一流プロ野球選手の戦いはそのまま、スキャンダル騒動との戦いの歴史でもあったのだ。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2021/07/11 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed