日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > サヨナラ、ハンカチ王子

ハンカチ王子、怪物松坂…etc. 2020年オフは「甲子園の星」が大量粛清か

文=日刊サイゾー

ハンカチ王子、怪物・松坂大輔…etc. 2020年オフは「甲子園の星」が大量粛清かの画像1
Getty Imagesより

 甲子園を沸かせたスターたちにとって、今年の秋風はとりわけ冷たいものになるかもしれない。

 暦は10月に入ったが、2020年のプロ野球はようやく終盤戦に差し掛かったところ。セ・パ両リーグとも熱戦が繰り広げられているが、まったく実力を発揮できていない選手もいる。秋風が吹き始め、「戦力外通告」という単語がチラつく時期だが、今年は元・甲子園の星に大量粛清の嵐が吹き荒れそうだ。

「ハンカチ王子”こと斎藤佑樹(日本ハム)は今年限りでしょう。甲子園で田中将大(ヤンキース)を破って優勝し、早稲田大学を経てドラフト1位でプロ入りした斎藤ですが、ここ3年の1軍の登板数は6、3、11と、まったく戦力になっておらず、2020年の1軍登板はゼロ。今年32才ですが、2軍でもパカパカ打たれて防御率が7点台ですから、これでクビじゃなかったら、逆に事件です」(高校野球に詳しいスポーツライター)

 いよいよハンカチ王子も、自身の涙を拭くハンカチを用意することになってしまうのか。さらに、実績では斎藤をはるかに上回るが、完全に不良債権と化しているあの怪物も、年貢を収める時が来たようだ。

「松坂大輔(西武)は、常識的に考えて今年でサヨナラでしょう。甲子園春夏連覇や高卒初年度での最多勝、巨額契約での米移籍など、数々の伝説を作った松坂ですが、2016年の日本球界復帰以降はとにかくケガばかり。今年も開幕直前にケガをして手術を受けています。西武としては、“客寄せパンダ”になるのを期待して獲得したのでしょうが、コロナで観客は入りませんし、そもそも投げられないのなら“パンダ”にもならない。チーム成績がピリッとしない中で松坂を残せば、ファンの怒りが監督やフロントにも向かいかねません。終盤戦には復帰が間に合うようですから、どこかでサヨナラ登板があるんじゃないですか」(週刊誌のスポーツ担当記者)

 先日、“松坂世代”の藤川球児(阪神)が引退を発表したが、“本丸”もいよいよユニフォームを脱ぎそうというわけだ。一方、若手の中にもクビが寒い選手がいる。

12

ハンカチ王子、怪物松坂…etc. 2020年オフは「甲子園の星」が大量粛清かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真