日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『関ジャム』大ヒットはAdoの表現力ありきだった?

『関ジャム』ボカロP特集なのに再認識する人間の声の素晴らしさ。「うっせぇわ」大ヒットはAdoの表現力ありきだった?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『関ジャム』ボカロP特集なのに再認識する人間の声の素晴らしさ。「うっせぇわ」大ヒットはAdoの表現力ありきだった?の画像1
syudouインスタグラム(@syudou279 )より

 7月4日の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)は前回に引き続き、自作曲をボーカロイドに歌わせて活動する「ボカロP」特集の後半戦が放送された。

「うっせぇわ」以前は失敗の連続だった

 前回は「春を告げる」を制作したくじらがボカロPになるまでの経緯を明かしたが、今回は「うっせぇわ」が話題のsyudouが波乱万丈の音楽人生を語ってくれた。音楽好きの家庭に育った彼は中学で吹奏楽部に入部、打楽器を担当することになり、ドラムをかじるようになったという。

「とにかくモテたいと、その熱量だけで。(音楽をやっていたらモテると)それだけを信じて、ずっと今日までやってきました」(syudou)

 高校時代には3ピースバンドを結成したものの、バンド内の人間関係がうまくいかなかった。オリジナル曲のデモテープを聴かせても、ギターヴォーカルのメンバーから「全然ダメ」と却下の連続だったのだ。曲作りを担当するのは、あくまでそのギターヴォーカルである。

「(そのギターヴォーカルは)なんか、“星屑のなんちゃら”みたいなクソださい曲を……」(syudou)

「星屑のステージ」をヒットさせたチェッカーズなど、色々な人を傷つけながらイキるsyudou。しかし、彼は彼で憤りが沸点に達しようとしていた。曲作りに関わらせてもらえない割に、バンドでスタジオ予約を担当するのはsyudouだったのだ。

「『音楽をやりたいのになんで電話番なんだよ?』みたいになっちゃって、それでライブ当日にバックレる形でバンドを辞めて」(syudou)

 武勇伝のように語っているが、社会不適合者である。また、彼の喋り方、まくし立て方が典型的なオタク特有の早口なのだ。その後、syudouはハチ(米津玄師)の影響を受け、ボカロ曲の制作を開始した。確かに、この性格なら1人でやっていったほうがいろいろと良さそう……。

 syudouがバズらせようと渾身の力で投稿したのは、「ふなっしーの歌」なる楽曲だった。「知識やセンス、才能がない自分の戦い方はお笑いの一発逆転」という発想で制作したナンバーである。当時ブレイク中だったふなっしーに便乗しようという目論見もあったらしい(ちなみに、この回が放送日された7月4日は偶然にもふなっしーの誕生日)。

というわけで、「うっせぇわ」誕生から7年遡る2013年に生まれた同曲を聴いてみることに。これが、はっきり言って凡庸なのだ。レトロゲームみたいな音だし、ニコニコ動画によくありそうな質感。これでは、間違いなくバズれない。果たして「星屑のなんちゃら」とどちらがいい出来だったのだろう? 18歳でバンドをバックレ、「ふなっしーの歌」でバズろうとする無鉄砲さに震えた。

 その後、syudouはレコード会社にデモテープを100曲送ったものの、そのどれもが不採用に。でも、未熟だろうとなんだろうと100曲作ったという事実だけで凄い。落とされても彼は諦めないで作り続けたのだ。「モテたい」の思いのみでここまで頑張る根性に敬服するし、反骨心溢れる「うっせぇわ」を制作しただけのことはある。世に出られないボカロPが何十万人といる中、彼は浮上することができた。言っても、「うっせぇわ」誕生までにsyudouは7年を要しているのだ。

 実は、「うっせぇわ」以前にsyudouが初バズりを成し遂げた曲がある。2019年に発表した「ビターチョコデコレーション」だ。

「この曲辺りから吹っ切れて、もうモテなくてもいいやと。『自分を1回さらけ出して、ただただ作れるもので勝負してみたらどうなんだ?』というスタンスで作ったら、なぜか逆にそれがウケたんです」(syudou)

 この「ビターチョコデコレーション」、聴いてみるとどこか方向性がハチっぽいのだ。syudouは米津玄師からの影響が大である。また、ある種“諦め”的な心情を歌った「ビター~」が多くの人の共感を呼んだという事実から、厨二的な歌詞がバズりやすくなるという傾向も再認識した。

「この曲を聴いて共感してくれる人が多いので、みんな人生が大変なんだろうなと感じました」(syudou)

123

『関ジャム』ボカロP特集なのに再認識する人間の声の素晴らしさ。「うっせぇわ」大ヒットはAdoの表現力ありきだった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

中居がサンドに「ラジオつまんねえ」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

ケンコバ「この番組はヒットしない!」

 絶対に観ない方がいいと言われたら観たくなるのが本能。『ほんトカナ!?ケンドーコバヤ...
写真