日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『孤独のグルメ』超優良番組のカラクリ

『孤独のグルメ』のスポンサーニンマリ! 他局がうらやむ超優良番組のカラクリとは?

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

『孤独のグルメ』のスポンサーニンマリ! 他局がうらやむ超優良番組のカラクリとは?の画像1
写真/GettyImagesより

 俳優・松重豊が主演するドラマ『孤独のグルメ Season9』(テレビ東京系)が7月9日深夜にスタートした。

 原作は久住昌之、画・谷口ジローの言わずとしれた同名人気コミック。輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマだ。

「今回で9シーズン目を迎えた同ドラマですが、知る人ぞ知る超優良番組です。制作費は深夜帯とはいえ、1本200万円。他局なら600万円ほどが相場ですから超格安です。松重のギャラも他局のゴールデンなら150万円が相場ですが、30万円程度に抑えられている。登場人物はほぼ主人公の松重1人。彼は食べた時の感動を忘れないよう、ナレーション録りもすぐに車内で行われているので、何日もスケジュールを押さえる必要もない。ロケが飲食店ということで、スタッフの食事代はすべて無料になるというのも、制作サイドにはありがたい」(テレビ関係者)

 2020年の大みそかに放送されたスペシャル版も大健闘。ますます評価を上げたものだった。

「すでに今年の大みそかも放送が決定しています。スポンサー的には3000万円以上の効果があるとされ、制作費の安さからコスパは最高レベル。大金をつぎ込んで爆死ドラマを量産しているフジテレビあたりは見習ったほうが良いですね。また、飲食店絡みの撮影には店側からのクレームがつきものですが、それも一切ない。というのも松重が後日、プライベートでその店を訪れているからだとか。まさに役者の鏡ですが、それだけドラマへの思い入れが強いのでしょう」(前出・テレビ関係者)

 重松といえば少食で、一時は続編に出演することを拒否しているという報道も出ていたが、後日にちゃんとお店を訪れているとあれば、そうした心配もしばらくはなさそう。今後、かなりの長寿シリーズになっていきそうだ。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/07/12 06:00

『孤独のグルメ』のスポンサーニンマリ! 他局がうらやむ超優良番組のカラクリとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

動物の交尾やマリファナをモチーフのスノードーム

 こぶし程度の小さなガラスのドームの中に、雪を舞わせて幻想的な世界を作り出す――。年...
写真