日刊サイゾー トップ > 社会  > 盗んだiPhoneからお金を引き出す手口とは

「盗んだiPhoneで銀行口座にアクセスしてお金を引き出す」恐ろしすぎる手口とは

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

高値で取引できることから、盗難の対象になりやすいiPhone。持ち主が紛失に気が付いた場合、「iPhoneを探す」の機能でiPhoneの現在位置を特定したり、遠隔操作でロックをかけたりと、何かしらの対策を打つことで二次被害を防ぐケースがほとんどだろう。

しかし、そんな対策をもすり抜ける悪徳な手口が発見された。ロックがかかっていようとも、「盗んだiPhoneから銀行口座にアクセスしてお金を引き出す」ということが可能だそうだ。

盗んだiPhoneと○○があればお金が下せる?恐ろしすぎる手口とは

(Image:JT8 / Shutterstock.com) ロックしているからといって安心はできない?

 ブラジルで2021年6月、盗難したiPhoneから銀行口座にアクセスしてお金を盗む事件が多発していることが報じられた。そして現地時間7月7日に、ブラジル・サンパウロ警察は事件の犯人から聞き出した手口を発表。犯罪の手順は以下の通りだ。

①盗んだiPhoneからSIMカードを取り出し、ロックが解除されている別のiPhoneに挿入
②SNSなどで被害者の電話番号に紐づくアカウントを探す
③アカウントを特定したら関連するメールアドレスを見つけ出す
④特定したメールアドレスと電話番…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/07/13 09:30
関連キーワード

「盗んだiPhoneで銀行口座にアクセスしてお金を引き出す」恐ろしすぎる手口とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真