日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『ハコヅメ』“実況”が盛り上がらないワケ

戸田恵梨香×永野芽郁『ハコヅメ』、視聴率は好調でも“実況”は盛り上がらず? SNSでの反響がイマイチなワケ

『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』公式サイトより

 戸田恵梨香と永野芽郁のW主演で話題の水曜ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)。敏腕エリート警察官と新人警察官という凸凹コンビをコミカルに演じた7月7日放送の初回は、世帯平均視聴率が11.3%、個人平均視聴率は6.1%(関東地区・ ビデオリサーチ調べ)とまずまずの滑り出しとなった。

 1話冒頭で警察官の川合(永野芽郁)が犯人を追いかけるシーンなどを見るとコメディ感の過剰さがやや否めないものの、 キャラクターの再現度や脚本のテンポのよさなどがハマり、視聴者からの評判は比較的悪くない。SNS上でも続きを楽しみにする声が多い。それにもかかわらず、意外だったのが、Twitterにおけるハッシュタグ「#ハコヅメ」 のタイムラインの流れの“遅さ”だ。

 SNSが浸透して以降、ドラマ視聴中に感想をつぶやく“実況”はすっかり定着している。特に放送中は、Twitterでドラマ名や関連用語が「トレンド入り」するかどうかは作品の注目度を測るひとつの指標であり、 話題作であれば世界トレンド1位を取ることもある。

 しかしハコヅメは視聴率も評判もよかったにもかかわらず、“実況”ツイート数は伸びていなかったのでは、というのが放送中の印象だ。制作側としては、話題性はたっぷり散りばめたつもりだろう。たとえば通常点検( 警察官が身に着けている装備品の状態や動作確認をする恒例行事)のシーンは日本テレビが誇る『笑ってはいけない』シリーズを思わせ、ムロツヨシ演じる“ハコ長(交番所長)” の伊賀崎がいい味を出していた。こうしたパロディ的な笑いの盛り込みは原作の持つエッセンスでもあり 、それを上手くすくい上げている印象だ。

 それらの演出に、視聴者たちが気づかなかったとは考えにくい。ツイートを見ていると、「見ていたんだけど特に実況したい!という気持ちにはならなかった」といった感想が。また「週の真ん中に笑えるし感動もできるドラマって最高」「深刻ぶった展開がない(のがよかった)。週の真ん中にドラマまでストレス浴びたくないもんね」といった感想もあることから、第1話はとにかく気楽に見られるように制作されたがゆえに“実況”は伸びなかった、という可能性もある。

 もちろん、『ハコヅメ』はただほのぼのとした話で終わる作品ではない。第1話でも辞職を考えている川合が警察官という職業に悩み、後半にはシリアスな場面も挿まれた。原作者の秦三子(やす・みこ)が原作のTwitter公式アカウントに載せたルポ漫画では、ドラマ制作の初期段階で「警察の仕事をエンタメで扱うことへの覚悟が足りてないと思います」として秦が準備稿をプロデューサーに突き返したというエピソードも明かされている。

 原作者の厳しい意見もクリアしたのであれば、今後はそれなりの重さも伴ってくるであろうドラマ『ハコヅメ』。ほどよい笑いと、警察という仕事のリアルを織り交ぜながら、 視聴率もSNS人気も上げていけるのか注目だ。

■番組情報
水曜ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』
日本テレビ系毎週水曜22時~
出演:戸田恵梨香、永野芽郁、三浦翔平、山田裕貴、西野七瀬、平山祐介、千原せいじ、渕野右登、ムロツヨシ ほか
主題歌:milet「Ordinary days」(Sony Music Labels)
音楽:井筒昭雄
脚本:根本ノンジ
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:藤森真実、田上リサ(AX-ON)
協力プロデューサー:大平太
演出:南雲聖一、丸谷俊平、伊藤彰記
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/hakozume/

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2021/07/14 18:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed