日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > 業界高視聴率『新道竜巳のごみラジオ』

馬鹿よ貴方は『新道竜巳のごみラジオ』は驚愕のお笑い界視聴率! 「芸人としてお笑いを語る」群を抜いた考察

文=吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

馬鹿よ貴方は『新道竜巳のごみラジオ』は驚愕のお笑い界視聴率! 「芸人としてお笑いを語る」群を抜いた考察の画像1
新道竜巳 公式YouTubeチャンネル「馬鹿よ貴方は、新道竜巳のごみラジオ」より

 自粛期間中、芸人の間でもYouTube投稿が完全に定着した。そこでバズればそれだけで食べていける上、企画内容もテレビをマネたものから独自のものまで幅広く模索可能なため、自身の好きなお笑いを追求する事ができる。もはや芸人にとってYouTubeは「第2のテレビ」という存在となった。

 そんな中、「芸人としてお笑いをする」ちゃんねるではなく「芸人としてお笑いを語る」ちゃんねるが存在する。それが、「馬鹿よ貴方は、新道竜巳のごみラジオ」だ。

 「馬鹿よ貴方は」は、ボケの平井“ファラオ”光とツッコミの新道竜巳からなるコンビ。漫才日本一を決める賞レース「THE MANZAI」と「M-1グランプリ」のWファイナリストであり、このちゃんねるは、ネタ作りを担当している新道竜巳の個人ちゃんねるである。

 そのスタイルは、新道が固定カメラに向かってただひたすらに自身のお笑いに関する私見・考察を語るというシンプルなもの。しかしここで取り扱うテーマの幅は、もはや芸人界一幅広いと言っても過言ではない。

 賞レースの解説や芸能界で起こった事件への言及はもちろん、志半ばで解散してゆく芸人たちへの思い、ライブ会場にくるファンへの苦言など各々のテーマが細かく深い。このちゃんねるだけ見ていても、昨今の芸人事情が分かるレベルだ。

 またこのちゃんねるは、その大容量なアーカイブも魅力である。「お笑いを語る」を3年前からやっている上、現在も週数本の勢いで動画が投稿され続けている。その取り扱うテーマの幅の広さから、お笑いライト層から毎週舞台を見に行くコアファンまで楽しめる内容となっている。

 通常どんなにお気に入りのちゃんねるもいずれ飽きがくるものであるが、ごみラジオは少し放置して戻ってきたら聞きたいトークがわんさか載ってる、継続して楽しめるちゃんねるとなっている。

業界視聴率が高い、ごみラジオの魅力

 ごみラジオの魅力は、全ての私見・考察が新道の実体験を元にしている「生感」にある。ネットで見聞きした情報ではなく、彼の芸歴20年を超える体験と、実際にライブシーンに足を運んで出会った芸人の印象から考察される、生の情報なのだ。それゆえこのちゃんねるは、こと芸人間での視聴率が異常に高い。

 例えば直近でいうと、元ラーメンズの小林賢太郎氏のオリンピック解任問題について言及している回がある。新道は問題となったネタがうまれた当時の時代背景や小林賢太郎氏の人となりをリアルタイムで経験しており、その経験をベースにした解説を聞く事により、より具体的な全体像とその輪郭をつかむ事ができる。

 通常調べる術もないこの時代への解説は当時の新聞を開くに等しく、「是非の結論だけでなく、もう少し踏み込んだ内容が知りたい」という人にとって貴重な回となっている。

 また新道自身、日本トップレベルの漫才大会でファイナリストになるまで数多のライブでしのぎを削り続けてきた経験と実績があるため、特にネタに関しての考察は群を抜いている。

 「なぜ賞レース準決勝でウケたネタが決勝でウケなかったのか」「最近注目されている若手芸人のネタのどこが新しいのか」など、我々がお笑いを見る上で抱く細かなクエスションにも、やはり彼の分厚い実体験から解説がなされている。ネタが好きな方には是非ご視聴頂きたい。

 やや硬めになってしまったが、中には笑ってしまうくらいくだらないテーマの回もあり、その幅がこのちゃんねるの魅力である。

 ちなみに新道は、音声配信サービス「Radiotalk」でもトークを行なっている。これはごみラジオともやや連動しており、Radiotalkで受けた質問がごみラジオのテーマになったりもしている。

 是非こちらも併せて、ご聴取頂きたい。

【※敬称略】

吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

SHUプロモーション所属。 宮崎大学大学院首席。もともとコンビで活動をしていたが、解散後ピンへ転身。 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1_6_18サントノーレ第10阿佐ヶ谷205号室 在住。

Twitter:@hidetaka111

Instagram:@h_yoshimatsu

YouTube「よしまつゴリラちゃんねる」

最終更新:2021/08/05 13:00

馬鹿よ貴方は『新道竜巳のごみラジオ』は驚愕のお笑い界視聴率! 「芸人としてお笑いを語る」群を抜いた考察のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

『ブレイブ-群青戦記』宮下かな子インタビュー

 新田真剣佑が主演をつとめる映画『群青戦記 グンジョーセンキ』が、3月12日から全国...
写真