日刊サイゾー トップ > 芸能  > 若槻千夏「ナイナイ矢部が嫌い」と告白

若槻千夏「ナイナイ矢部が嫌い」と告白、衝撃暴露トークでダレノガレ明美とも不仲状態

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

若槻千夏「ナイナイ矢部が嫌い」と告白、衝撃暴露トークでダレノガレ明美とも不仲状態の画像1
関西テレビ『おかべろ』公式ツイッターより

 好感度を落としただけだった?

 8月7日放送の『おかべろ』(関西テレビ)にタレントの若槻千夏が出演。嫌いだった大物MCの実名を暴露する一幕があった。

「約20年前にはバラエティ番組に引っ張りだこだった若槻ですが、番組で“相性が良くないと思ったMC”を聞かれると、『私、芸能界入って唯一ずっと嫌いだった人がいて。ナイナイの矢部(浩之)さんなんですよ』と白状しました。若槻によれば、当時の矢部はゲストの話が長いとあからさまに退屈な表情で爪を噛み始め、話題にはまったく入って来ない。それで毎回トラウマになったといいます。しかし、彼女が芸能界に復帰してからは、『おお、若槻、元気か!』と人が違っていたことで印象が変わったと明かしています。おそらく、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)でのことでしょうが、若槻は過去にも矢部の前で“共演NG”にしていたことを明かしていましたから、“持ちネタ”にしているようです」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、ネット上では「自分が苦手な人をカミングアウトって、必要なことなの?」「それを言うなら、若槻のこともずっと嫌いだった人もいるよ」「若槻も爪跡残そうとうるさかったな」と批判的なコメントも連打されており、好意的に受け止められてはいないようだ。

「当時の若槻はおバカキャラを売りにしていましたが、柔道の篠原信一に失礼な質問を投げかけ、『チャラチャラしたヤツが神聖な道場に来るんじゃねえよ!』とブチギレられたこともありました。また、2020年の番組では顔写真の加工をしている女性タレントについて“実名告発”(放送上は消音)。ダレノガレ明美が女性タレントの集合写真で自分だけ小顔に加工していたことが話題を呼んでいただけに、“ほぼ確定”でネットに拡散。これが、本人の耳に入ってしまい、現在は不仲状態になっていることを明かしています」(芸能記者)

 若槻の暴露癖は他にもある。得意の持ちネタとなっているのが、とあるグラビアアイドルと“いざこざ”があったというもの。

「若槻によれば、彼女が活躍やしていた00年代は“抱かれる時代”だったと言い、枕営業が横行していたのだとか。そんななか、ある大物が司会の番組に頻繁に出演していた頃、準レギュラーのグラビアアイドルから楽屋で『あなたさ、○○さんに何回抱かれたの?』と聞かれたというエピソードです。若槻が番組によく呼ばれるのが気に入らず絡まれたようですが、ヒントからヘキサゴンファミリーの誰かだということは予測がつきます。先日、若槻は不倫疑惑や大人のオモチャ使用が報じられた熊田曜子にLINEするも、既読スルーされたことを披露していますが、もしかしてこの時の意趣返し?と勘ぐってしまいますね」(前出・芸能記者)

 お笑い芸人・ぺこぱがブレイクしたように、昨今は「誰も傷つけない」芸風が支持される傾向にある。若槻も昔の感覚でいると敵ばかりが増えそうだ。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/08/12 13:00

若槻千夏「ナイナイ矢部が嫌い」と告白、衝撃暴露トークでダレノガレ明美とも不仲状態のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

"おひとりさま"にやさしい7人組・BOCCHI。

 デビューライブには100人のファンが集まったのに、次のライブの物販に並んだのは4人...
写真