日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 乃木坂46・齋藤飛鳥のインスタ開設にファン歓喜!

乃木坂46・齋藤飛鳥のインスタ開設にファン歓喜!ミステリアスな日常生活がついに明らかに?

乃木坂46・齋藤飛鳥のインスタ開設にファン歓喜!ミステリアスな日常生活がついに明らかに?の画像1
乃木坂46・齋藤飛鳥 インスタグラムより

〈年々体力の衰えを痛感してきているので、そうだなぁ、関係各所の皆さん、どうかお手柔らかに… 気持ちとしては、一生懸命、一生懸命に頑張らせていただきたい所存でございます〉

 8月10日、乃木坂46・1期生最年少の齋藤飛鳥が23歳の誕生日を迎えた。この前日に齋藤は自身の公式ブログを更新したという。「齋藤はファン、スタッフ、メンバーへの感謝をつづる一方、歳を重ねたことへの心境を綴っています。彼女は年に1回ほどしかブログを更新しないため、久々の投稿にファンが歓喜する事態となりました」(アイドル誌ライター)

 さらにこの日、ブログの更新以上の衝撃情報が報告された。齋藤が公式インスタグラムを開設したのだ。まだ何も投稿していない段階でフォロワーは30万人を突破。8月11日の夜に初投稿をしてからさらにフォロワーは増え、12日現在、50万人に迫ろうとしている。

「乃木坂46のメンバーでインスタアカウントを開設しているメンバーはかなり多くなっています。齋藤のインスタ開設はずっと待ち望まれていましたが、そんな中開設したのは中国版ツイッターのWEIBOのアカウント。なぜ中国のファンが優先なのかと国内ファンも寂しい気持ちにさせられていいました。乃木坂46は中国でも何度かライブを成功させており、大々的に中国進出することを図っていますから、運営の戦略もあったのだと思います。実際、齋藤はミャンマーと日本のハーフということもあり、アジア進出の“特攻隊長”的な役割を担ってきており、初センターを務めた『裸足でSummer』のMVもアジア市場を意識したテイストになっています。齋藤はブログの更新頻度も低く、日本でSNSをする気はないのかとファンはあきらめかけていましたが、ついにインスタが開。待たされた分だけファンにとってはうれしいサプライズとなりました」(前出・アイドル誌ライター)

 8月11日の初投稿では「何を投稿したら喜んでもらえるのかわからなくて、時間かかっちゃった!」とコメントしており、齋藤のファン思いの一面を見せ、25万のいいね!が付いている。

「齋藤はミステリアスでクールなイメージ。まるで私生活が見えてこない。モバイルメール(本人からメールが届く有料サービス)も、配信頻度は高いもののミステリアスなものが多い。インスタを開設したことで少しでも素顔が見られるのではないかとファンは期待しています。最近、『乃木坂工事中』(テレビ東京系)や雑誌の対談などで、齋藤と梅澤美波の仲良しエピソードをよく聞きますし、プライベートでのメンバーとの交流話も楽しみにしたいところです」(アイドル誌編集者)

 齋藤のインスタグラムにはどのような日常が、どのように発信されるのか。年に1回なんて言わず、頻繁に更新してもらいたいものだ。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2021/08/16 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed