日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 乃木坂も通う小顔エステの正体

齋藤飛鳥も通う「小顔エステ」は意味なし!? グレー過ぎる“小顔効果”の正体とは?

乃木坂46公式サイトより

 白石麻衣の卒業を控えている乃木坂46の中で、1期生におけるエース的存在となっているのが齋藤飛鳥だ。小柄で清楚なルックス、そして規格外の“小顔”は、若い女性からの憧れにもなっている。

 そんな齋藤飛鳥が3月22日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にゲスト出演。その小顔を保つために“小顔エステ”や“小顔マッサージ”によく行っていることを明かした。

「本人的には世の中が期待する“小顔キャラ”に応えたいのでしょう。そのために努力する健気な部分もまた人気の理由なんだと思います』(メディア関係者)

 しかし、斎藤が足繁く通う“小顔矯正”などと呼ばれるエステやマッサージは、ほとんど効果がないとも言われている。医療ジャーナリストはこう話す。

「小顔矯正マッサージで有名なのは、韓国で“コルギ”と呼ばれるもの。顔の骨の部分を重点的に圧迫して、周辺の血管やリンパを刺激するものだとされています。代謝を促進し、老廃物を排出させることで、むくみが軽減する効果があると言われています。

 でも、実際にはただ単に顔を強く押しているだけに等しく、押された部分が一時的に凹んだ結果、顔が小さくなったような感覚になるだけともいえる。本当に顔を小さくするには、それこそ骨を削ったり、骨格をイジったりしなければならない。あるいは、顔の贅肉を削ぎ落とさなければならないわけです。マッサージをするだけで、顔が小さくなるなんてことはありえないんです」

 その効果は微妙とか言いようがない小顔エステや小顔マッサージ。しかし、SNSで小顔エステに行ったことを報告する女性タレントは数多い。なぜなのか?

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed