日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 蛍原徹、雨上がり解散で宮迫博之に「決別」か

蛍原徹、「雨上がり」解散報告から垣間見える宮迫博之への“決別”の思い…ナイナイ矢部は「もう許せんって感じでは」と推察

文=斉木順(さいき・じゅん)

蛍原徹、解散報告から垣間見える宮迫博之への「決別」の思い…ナイナイ・矢部は「もう許せなかったってことやと思う」と推察の画像
雨上がり決死隊(写真/Getty Imagesより)

 雨上がり決死隊の解散後初となる『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の放送が19日にあり、番組終盤に蛍原徹が解散を報告するシーンが挿入された。しかし、なぜか蛍原の口から「雨上がり決死隊」という言葉は出ず、強い「決別」の意思をうかがわせると話題になっている。

 雨上がり決死隊は、17日にYouTubeおよびABEMAで配信された番組『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』で解散を発表。解散後も『アメトーーク!』は継続されることが決定したが、正式名称の『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』からシンプルな『アメトーーク!』に番組名が変更されることになった。

 タイトル変更後初となった19日の放送は、解散発表前に収録されたものだったが、番組終盤、蛍原が「先日、解散発表しましたが、これからも引き続き『アメトーーク!』をよろしくお願いします」と頭を下げるシーンが挿入された。

 また、蛍原は18日に自身のYouTubeチャンネル「ホトゴルフ」に投稿した動画でも冒頭で再出発を報告。「先ほどですね、コンビの解散報告会というのがオンエアされました。ということで、これからは蛍原徹、ひとりで頑張っていきます!」などと、ファンに向けて呼び掛けている。

「番組で頭を下げたシーンでもYouTube動画でも、なぜか蛍原は『雨上がり決死隊』という言葉を使っておらず、あえて避けているようにも見える。これは、元相方・宮迫博之への強い決別の意思の表れなのでは……と一部でささやかれています」(芸能記者)

 解散発表の場となった『解散報告会』は、旧知の芸人たちを招いて『アメトーーク!』と同じバラエティ的なスタイルで行われたが、その中で蛍原が本音をのぞかせる場面があった。

「冒頭の2人きりのトークで、宮迫が『ケンカ別れではない』と強調しましたが、蛍原はそれに『フラれた側は言わない方がいい』とツッコミ。苦悩の末に解散を申し入れた蛍原にとって、宮迫が『円満解散』をアピールするのは我慢ならなかったのでしょう。

 また、蛍原は解散を考えた大きな理由として『宮迫のYouTubeの開始時期』を挙げ、同じ闇営業問題で謹慎していたロンドンブーツ1号2号・田村亮よりも早く宮迫がネットで復帰にしたことに『今もまったく納得できない』とこぼした。それに宮迫は『コラボ相手の都合があって、開始時期をずらせなかった』と悪びれずに釈明しましたが、この瞬間、ふたりの間に大きな壁があることを感じさせました」(前出)

 解散発表後、宮迫は18日の夜8時にSNSで自身のYouTube動画の投稿を予告していたが、1時間半の延期を発表し、さらに公開中止を告知。しかし、日が変わった深夜3時ごろに一転して「昨日のアメトーーク!を終えて、お伝えしたいことがあります。」と題した動画を公開し、蛍原へ向けて「ホトちゃん、ほんまにごめん」「僕は自分のことばかり考えてたと思います」などと謝罪した。

「二転三転となったため、当初は別の内容の動画を予定していたが、視聴者からの批判が予想以上に多かったため、急きょ内容を変更したのでは……とも一部で疑われています。いずれにしても、宮迫は『解散報告会』で空回りしている印象で、蛍原の強い憤りを理解できていないように見えた。

 実際、蛍原が『(解散を決めるまでの)1年半、ずっと泣いてた』と『解散報告会』で発言したことについて、宮迫はYouTube動画で『そんな思いをさせていたなんてわかってあげられなかった』と告白しています。本来なら、そうした蛍原への謝罪の言葉は『解散報告会』の時に直接伝えるべきだったのでしょうが……。こういったすれ違いが蛍原にとって、コンビ名をあえて口にしないほどの失望感につながった可能性がある」(前出)

 近しい芸人仲間も蛍原の心情を察したようで、雨上がり決死隊の盟友であるナインティナインの矢部浩之は、19日深夜のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で「もう許せなかったってことやと思うわ。蛍ちゃんは言葉を選んで表現してましたけど『もう許せん、もう無理やわ』っていう感じちゃうかな」と推察していた。

 宮迫はコンビ活動の休止後にずっと掲げていた「蛍原の横に戻る」という目標について、解散しても「諦めません」と語り、周囲からも将来的なコンビの再結成を期待する声が上がった。しかし、それを実現するために蛍原の心を解きほぐすのは、地上波テレビに復帰するよりも難しいかもしれない。

斉木順(さいき・じゅん)

雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

最終更新:2021/08/20 21:00

蛍原徹、「雨上がり」解散報告から垣間見える宮迫博之への“決別”の思い…ナイナイ矢部は「もう許せんって感じでは」と推察のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

般若、ドキュメンタリー映画を語る

 般若。その名に恥じぬ気迫とキャリアを積み上げてきたラッパーは、人のマイクを勝手に奪...
写真