日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 『ノブナカなんなん?』ゴールデン昇格の不安材料

『ノブナカなんなん?』ゴールデン昇格も不安材料山盛り…素人“イジり”番組の危うさが仇に?

『ノブナカなんなん?』ゴールデン昇格も不安材料山盛り…素人イジり番組の危うさが仇に?の画像1
『ノブナカなんなん?』(テレビ朝日系)公式サイトより

 テレビ朝日系バラエティー番組『ノブナカなんなん?』が、10月から毎週水曜19時台のゴールデン枠に移動することとなった。

 ちょっと変わった人生を送っている人々の生活に密着し、VTRを見た千鳥ノブと弘中綾香アナが“なんなん?”とツッコミを入れていく同番組。2度のパイロット版を経て、2020年10月から毎週土曜22時25分での30分のレギュラー放送が開始。今回ゴールデン枠に昇格となるとともに、1時間番組に拡大する。

 深夜帯や22時台の人気番組をゴールデンタイムに昇格させるというのは、テレビ朝日のバラエティー番組の王道パターンだ。しかし、『ノブナカなんなん?』には少々、不安要素もあるようだ。

「この番組は、基本的に変わった素人の生活をノブと弘中アナとゲストたちが“イジる”構造となっています。ただ、素人イジり番組は、時に制作サイドの悪意が透けて見えることが多いんですよね。もちろんその“悪意”がおもしろくなる要素でもあるのだけど、度を越すと“イジメ”に見えてしまうことも往々にしてある。昨今は何が炎上するかもわからない時代なので、制作サイドが意図しないところで、“素人に対するイジメなのではないか”などと猛烈な批判を受ける可能性も否定できませんね」(テレビ局関係者)

 ゴールデンタイムとなれば、内容の“わかりやすさ”が求められることにもなる。その点も、懸念材料となっている。

「現在の『ノブナカなんなん?』で取り上げられる人は、他人とは異なるポリシーを持っている人が基本。つまり、取材対象者本人が納得して登場しているケースがほとんどなんですよね。VTRにも“その変わったポリシーを理解しよう”という視点が入っているんですが、よりわかりやすさを求めたならば、そういった基本をすっ飛ばして“奇人変人大集合”みたいな形になってしまうかもしれない。それこそ、取材対象者を雑にイジり倒すような内容にシフトしたら、いろいろと問題が生じるでしょうね」(同)

 逆に、“イジメ”にならないように気を使いすぎてしまうパターンもありそうだ。

「炎上を回避するあまりに、取材対象者にうまくツッコミを入れることができず、挙句の果てに人ではなく“モノ”をイジり始める……なんていうパターンも想定できます。それこそ同じテレ朝の『ナニコレ珍百景』のように、日本全国の珍しいモノを取り上げるようになったら、さすがに『ノブナカなんなん?』の存在意義もなくなります。そうはなってほしくないですね」(同)

 意気揚々とゴールデンタイムに昇格するものの、多くの課題を抱えている『ノブナカなんなん?』。時間が繰り上がった途端、つまらなくなって終了……というテレ朝バラエティー番組の最悪パターンとならなければいいが。

田井じゅん(エンタメウォッチャー)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

たいじゅん

最終更新:2021/08/28 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真