日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宮迫博之と『アメトーーク!』の限界

宮迫博之のスベりに透けて見えた『アメトーーク!』の限界…番組を道連れにしたのか?

文=田井じゅん(たい・じゅん)

宮迫博之のスベりに透けて見えた『アメトーーク!』の限界…番組を道連れにしたのか?の画像1
在りし日の雨上がり決死隊(Getty Imagesより)

 雨上がり決死隊が、8月17日にAbemaと吉本興業の公式YouTubeチャンネルで配信された『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』で解散を報告した。番組では、闇営業騒動以来『アメトーーク!』に出演していなかった宮迫博之が登場し、約2年ぶりに蛍原徹との2ショットを見せた。

 雨上がり決死隊の2人のほかに、東野幸治、出川哲朗、FUJIWARA、ケンドーコバヤシ、狩野英孝も登場。通常の『アメトーーク!』に近い形でトークを繰り広げながら、解散に至る経緯などを説明した。

「宮迫さんは、2年ぶりの『アメトーーク!』ということもあって、終始スベリ気味でしたね。蛍原さんを“ブス”とイジったところや、出川さんに九九の7の段を言わせたあたりは、容姿イジりやイジメの構図で、最近のテレビ業界の流れにはまったくそぐわないものでした。宮迫さん1人だけ、取り残されている感じがしましたね」(バラエティー番組関係者)

 YouTuberである宮迫が、テレビのバラエティー番組で調子が取り戻せないのは仕方ないことだろう。ただ、その妙な雰囲気は、宮迫だけでなく番組全体にも漂っていた。ある構成作家はこう明かす。

「約2時間の番組で、なおかつほとんど編集していなかったとはいえ、全体的に間延びした内容だったのが、ちょっとガッカリです。もちろん、解散話をしているので盛り上がる感じではなかったのも当然なんですが、天下の『アメトーーク!』ですからね。もうちょっとおもしろい番組に仕上がってほしかったというのが本音ですよ」

 別のテレビ局関係者も、今回の解散発表を見て『アメトーーク!』に物足りなさを感じたと話す。

「『アメトーーク!』といえば、バラエティー番組の歴史の中でも、“ガチのお笑い”を実践する場として、重要な番組です。だからこそ、“雨上がり決死隊の解散”という素材でさえ、おもしろく料理してほしかったのに、実際にはそうはならなかった。宮迫さんが浮いていたというのは間違いないものの、そこをもっとイジりまくって、“お笑い芸人”の豪腕さを見せつけてほしかったです。ただ、こういった番組を発表しなくてはならなくなったのは、宮迫さんが問題を起こしたからで、本来なら面白いままの『アメトーーク!』で有り続けていたわけですよ。結局、これもまた“宮迫さんのせい”ですよね」

 雨上がり決死隊の解散によって、『アメトーーク!』に復帰することだけでなく、お笑い芸人として地上波のテレビ番組に出演することが遠ざかってしまった感のある宮迫博之。最後の最後で『アメトーーク!』の番組価値までをも貶めて、道連れにしたような形だ。

 番組のラストで、フジモンこと藤本敏史は「宮迫さんが全部悪いんですよ。宮迫さんのせいですよ」と号泣していたが、番組スタッフたちもまた同じ気持ちだったのかもしれない。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/08/22 17:00

宮迫博之のスベりに透けて見えた『アメトーーク!』の限界…番組を道連れにしたのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真