日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木達央、“自殺未遂情報”が錯綜して真偽不明のままだった理由

「LiSAの夫」鈴木達央、“自殺未遂情報”が錯綜して真偽不明のままだった理由

文=与良天悟(よら・てんご)

「LiSAの夫」鈴木達央、自殺未遂情報が錯綜して真偽不明のままだった理由の画像1
LiSA

 一部の活動を休止して静養中だった歌手のLiSAが、8月28日と29日に札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで予定している全国ツアー公演を予定通り開催することを先日、公式サイトで発表した。

 LiSAといえば先月30日、昨年1月に結婚した夫で声優の鈴木達央が女性ファンと不倫していたことをニュースサイト「文春オンライン」で報じられていた。そしてその直後の今月4日、LiSAと鈴木はそれぞれ心身疲労・体調不良のため活動を休止するとそれぞれの公式HPで発表していた。

「おそらく、2人で離婚に向けての話し合いをしていたと思われるが、LiSAが不在の間に不倫相手を自宅に連れ込むなど、明らかに鈴木が原因。その話し合いが終わったので、LiSAは復帰を発表したのではというのが業界の見方です」(音楽業界関係者)

 さらに一部スポーツ紙によると、鈴木はテレビ朝日系『機界戦隊ゼンカイジャー』を降板したことが判明。無論、これは報道が無関係ではないだろう。

 そんな鈴木だが、8月19日発売の「女性セブン」(小学館/9月2日号)は、8月初旬、不倫報道から間もないタイミングで自殺を図り、都内の病院に救急搬送され、その後、少なくとも2週間近くは入院生活が続いていたと報じた。一時は人工呼吸器も付けられ、生死をさまようほどだったのだとか。自宅とは別の現場で自殺を図ったため、LiSAが事実を知るまでに少し時間がかかったという。

「実は、自殺情報が流れたのは東京五輪で野球の日本代表が金メダルを獲得した8月7日の夜だった。ところが、なかなか裏が取れず、さすがにセンシティブな問題なので、どこも記事にしていなかったが、しばらく時間がたって報じられることになりました。同誌はかなり双方に近い筋からしっかり裏を取ったでしょう」(芸能記者)

 鈴木の事務所は同誌に対し、「症状につきましてはプライバシーにかかわりますので回答を控えさせていただきます」と回答。

 そもそも、このようなケースの場合、裏取りがかなり難しいというのが現状だ。

「最初に情報をつかんだのは、全国紙の社会部担当。搬送された場合、警察や消防の担当記者に情報が入ってきます。しかし、万が一、同姓同名の人物の場合もあって、そう簡単に記事にはLiSAの夫と断定することができなかったようです」(同)

 その後、LiSAは復帰を発表。おそらく鈴木は回復に向かっているはずだが……。

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2021/08/26 07:00

「LiSAの夫」鈴木達央、“自殺未遂情報”が錯綜して真偽不明のままだった理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

『神カル』新型コロナに打ち勝つ“唯一の道”

「新型コロナウィルスを前代未聞の脅威たらしめている理由のひとつは、その『秘匿性』にあ...
写真