日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 堂本剛を米音楽メディアが絶賛!

堂本剛の「ENDRECHERI」を米メディアが紹介! 「日本のプリンスのような存在」「素晴らしい」と絶賛

文=加賀美ジョン(かがみ・じょん)

堂本剛の「ENDRECHERI」を米メディアが紹介! 「日本のプリンスのような存在」「素晴らしい」と絶賛の画像
最新作『GO TO FUNK』(Original Edition)

 KinKi Kids・堂本剛のソロ・プロジェクト「ENDRECHERI」(エンドリケリー)。25日に最新作『GO TO FUNK』が発表されたばかりだが、このENDRECHERIの音楽を米音楽メディアが絶賛している。

 ENDRECHERIを紹介したのは、「Funkatopia」という音楽メディア。その名のとおり、ファンク音楽を専門に取り扱っており、運営しているミスター・クリストファーも元はミュージシャンだったようだ。個人運営の小規模な独立系メディアではあるが、そのファンク愛によって、ブーツィー・コリンズといった剛も敬愛するレジェンドを始め、日本でも人気のジャミロクワイなどの大物アーティストの独自インタビューも掲載している。また、熱心なプリンスファンということもあってか、プリンス本人が生前にTwitterで同サイトの記事をシェアしたこともある。“ファンカー”たちには知られたメディアなのだ。

 なぜ「Funkatopia」がENDRECHERIを取り上げたかというと、これはファンの熱心な“布教活動”の賜物といえるだろう。ある剛ファンがミスター・クリストファー宛にENDRECHERIをオススメするメールを出したところ、ミスター・クリストファーはその音楽をいたく気に入ったようで、「FunkatopiaのほうでぜひENDRECHERIを番組で取り上げたい」「ライブとインタビューを行いたい」といった旨の返信が来たと、今年4月24日に放送されたラジオ番組『堂本 剛とFashion & Music Book』(bayfm)の中で紹介されたリスナーからのメールで明らかになった。

 剛はこの状況に戸惑いながらも「こんだけ興奮してくださるんであれば嬉しいな、と思う。どういう方法でつながっていただけるか。ちょっといろんな人に相談してみようと思います」と前向きに受け止めており、どのような形で「Funkatopia」に登場するか注目されていた。

 剛、もしくはジャニーズ事務所側と話し合いができたのかは不明だが、「Funkatopia」は日本時間で8月25日に行われたYouTubeでのライブ配信の中で、ENDRECHERIを紹介している。

 この配信では、運営者のミスター・クリストファー、彼と一緒に配信のホストを務めているロブ・リズム、そしてファンク・ミュージシャンのジェフ・ペイジらと共に音楽談義やインタビューなどを行っているのだが、途中、ミスター・クリストファーが「唯一無二の日本のファンクバンド、“エンドリシェリー”を紹介したい」とENDRECHERIについて言及。続けてジェフ・ペイジが最新作『GO TO FUNK』について「このアルバムはもう……ヤバっ! 曲はどれもいい。マジで1曲目から、気づいたらノってたよ。何て言ってるのかさっぱりだけどね(笑)。日本語だからさ(笑)」と褒め称えた。

 ミスター・クリストファーはチャット欄に剛の公式サイトのディスコグラフィへのリンクも張り、作品をチェックすることを勧めながら、「“ツヨシ・ドモート”が基本的に“エンドリシェリー”なんだ。いわばプリンスみたいな存在だね。日本で大人気なんだよ」と説明。「これかけちゃって大丈夫かな」と言いながら、1曲目の「ENDRECHERI POWER」など最新作『GO TO FUNK』から数曲を少しだけ流し、「彼らは素晴らしいね」と語った。言葉数の少なかったロブ・リズムも最後に「昨年の『LOVE FADERS』もよかったよ」と補足しており、「Funkatopia」の関係者はすっかりENDRECHERIの音楽に魅了されたようだ。

「実は『堂本 剛とFashion & Music Book』で話題になるより前に、今年3月のライブ配信などでもENDRECHERIはすでに紹介されているんです。YouTubeで公開されている『ENDRECHERI TSUYOSHI DOMOTO』のダイジェスト映像を観ながら、『観てよこれ。アジア人バージョンのパーラメントだよ!』と、剛が大尊敬しているジョージ・クリントンが率いるバンドの名前を引き合いに出しながら興奮していました。Funkatopiaはその後も何度か配信で紹介しているのですが、ENDRECHERIの曲を流した際に権利上の問題でYouTubeの検閲に引っかかってしまうそうで、8月25日にちょっとずつ流したのはその対策だったようです。いずれにせよ、たくさんのリクエストが来て存在を知った、と話しており、ファンの草の根運動が功を奏した形ですね」(音楽ライター)

 これを足掛かりに世界進出、といくだろうか。

「FunkatopiaはYouTubeチャンネルの登録者数が1000人ほど、Twitterのフォロワー数も1000人ほどなので、正直言って影響力はありません。ただ、本場のファンク愛好家に気に入られ、3月以降たびたびプッシュされているのは事実で、彼らを通してじわじわと広がっていく可能性は十分にある。サブスクでも音源は解禁されており、最新作『GO TO FUNK』もCD発売日の8月25日に“プレ配信”という名目で3曲が解禁され、10月16日には全曲が配信される予定。世界進出はそう簡単ではないでしょうが、下地は整いつつあり、期待できますね。なにより実際にライブを観てもらえればもっと話題になるでしょう。海外プロモーションに長けたエージェントなどと組めれば一気に展開できそうですが……」(同上)

 いずれにせよ、音楽性でファンク愛好家に評価されたのは剛にとっても嬉しい話だろう。「インタビューをしたい」「ライブを披露してもらいたい」という「Funkatopia」側のラブコールはいつか実現するだろうか。

加賀美ジョン(かがみ・じょん)

加賀美ジョン(かがみ・じょん)

洋邦問わず、音楽にまつわる編集・ライティングで十数年。クレジットを眺めるのが趣味。

最終更新:2021/09/15 20:34

堂本剛の「ENDRECHERI」を米メディアが紹介! 「日本のプリンスのような存在」「素晴らしい」と絶賛のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

DDTレスラー4人衆のサウナ愛

「ととの・う」―1 必要なものがすべてそろう。「材料が—・う」「準備が—・う」2 き...
写真