日刊サイゾー トップ > 芸能  > UUUM、元オスカー幹部の力を借りる?

大手YouTuber事務所UUUM、芸能事務所を子会社に 元オスカー幹部の力を借りる?

文=田井じゅん(たい・じゅん)

大手YouTuber事務所UUUM、芸能事務所を子会社に 元オスカー幹部の力を借りる?の画像1
UUUM株式会社

 HIKAKINなどのYouTuberのマネジメントで知られるUUUM。その子会社となる芸能事務所「HONEST(オネスト)」の公式サイトが、8月27日に公開された。

「HONESTは、大手芸能事務所オスカープロモーションの元副社長である鈴木誠司氏が中心になって、昨年12月に設立された事務所です。公式サイトには、元オスカー所属のタレントたちが名を連ねています」(芸能事務所関係者)

 昨年、米倉涼子、剛力彩芽など、看板タレントが相次いで退社したオスカー。同時に複数の幹部も退社しており、そのなかの1人が早くも新事務所を立ち上げたというわけだ。

「ただ、所属タレントのラインナップは決して強くはないんですよ。めぼしいところは、大河内奈々子、北川弘美といった中堅女優や、第14回全日本国民的美少女コンテストで出身で、日本レコード大賞新人賞を受賞した花岡なつみくらいです」(同)

 では、どうしてUUUMは、オスカーから独立した形のHONESTを子会社として受け入れたのだろうか。あるメディア関係者はこう話す。

「UUUMは人気YouTuberが相次いで退所するなど、決してうまくいっているわけではない。だからこそ、YouTubeだけでなく、そのほかの事業に注力しようという狙いもあるようです。とはいえ、YouTuberやタレントをさまざまなメディアに出してビジネスをすることが基本なので、そうなると芸能事務所のノウハウが必要となってくるわけです。

 しかも、元オスカーの鈴木氏は、業界歴も長く、マスコミを中心に多方面にパイプを持っている。UUUMとしては、今後のビジネスを潤滑に広げていくために、大手芸能事務所の力が必要だったのでしょね」

 UUUMは吉本興業と提携するなど、芸能界との連携に積極的でもある。

「とはいえ、UUUMはあくまでも“YouTuber事務所”というのが業界内の認識。芸能事務所の影響が強いテレビ界や大手出版社は、どうしても“芸能界のルール”で動くことが多く、UUUMが冷遇されるケースもあるというんです。元オスカーの幹部が立ち上げた芸能事務所を取り込めば、芸能界のルールの中でも上手く立ち回れると、UUUMは見込んでいるのでしょうね」(同)

 YouTubeの世界に活路を見出す芸能人が増えている一方で、YouTubeの世界から芸能界に乗り込んでいくケースもある。UUUMがテレビ業界を席巻する未来は、そう遠くはないのかも知れない。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/09/02 12:00

大手YouTuber事務所UUUM、芸能事務所を子会社に 元オスカー幹部の力を借りる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真