日刊サイゾー トップ > 芸能  > 眞島秀和の話題にならない悲哀

コロナ禍パーティーの眞島秀和、『ガイアの夜明け』ナレーター休業もあまり話題にならない悲哀

文=手山足実(てやま・あしみ)

コロナ禍パーティーの眞島秀和、『ガイアの夜明け』ナレーター休業もあまり話題にならない悲哀の画像1
 俳優の眞島秀和が、テレビ東京系『ガイアの夜明け』のナレーターから姿を消した──。『週刊女性』(主婦と生活社)の報道が波紋を呼んでいる。

 眞島秀和は昨年1月に『ガイアの夜明け』の3代目ナレーターに就任。しかし、今年7月30日の放送回から、眞島と同じ事務所に所属する俳優・山中崇がナレーションを担当している。

 眞島は、今年7月に『文春オンライン』で報じられたコロナ禍での田中圭の誕生日パーティーに出席し、バッシングを受けていた。『ガイアの夜明け』はコロナ関連の題材を扱うことが多かったため、眞島が降板になったのではないかと、一部で囁かれていたのだ。

『週刊女性』の取材に対し、テレビ東京は「総合的な判断」でナレーターを変更したと回答、眞島については「降板ではありません」と説明している。

「今後降板になるかどうかは別として、ほとぼりが冷めるまで眞島の起用を控えるというのは、テレ東としても仕方ない判断でしょうね。ただ、この“降板報道”そのものが、あまり話題になっておらず、眞島の知名度の低さが露呈したという側面もあります。田中圭の誕生日会のときの炎上ぶりを見れば、この眞島のニュースももっと話題になっていいはずなんですが……」(メディア関係者)

 名脇役として、多数の作品に出演している眞島。2018年のテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ』シーズン1で田中圭と共演。2020年には日本テレビ系『おっさんはカワイイものがお好き。』で主演も果たしている。

「眞島さんは、ここ数年の“かわいいおじさん”ブームに乗って、一躍人気俳優となりました。女性人気も高く、二枚目役も三枚目役もこなせるので、今後さらなるブレイクも期待されていました。でも、“降板報道”が全然盛り上がっていないのを見ると、残念ながらそこまで人気が定着していたわけではなさそうですね」(テレビ局関係者)

 しかし、叩かれていないだけ、まだマシだという見方もある。

「田中圭さんは誕生日会報道によって、トラブルメーカーのイメージがよりいっそう強まり、今後仕事を減らしそうだとも言われている。でも、眞島さんは良くも悪くもたいして話題になっていないので、今まで通りシレッと脇役で登場しそうですよね。まあ、主演クラスにのし上がるほどの人気は出なかったけど、それなりに活躍する俳優というポジションで出続けるとは思いますよ」(同)

 人気がそれほどでもないことが証明されてしまったが、炎上して潰されるほどでもない眞島。本人としては、チョッピリ複雑な心境ではないだろか。

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2021/09/02 13:00

コロナ禍パーティーの眞島秀和、『ガイアの夜明け』ナレーター休業もあまり話題にならない悲哀のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真