日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 乃木坂46恒例「ヒット祈願」嘉喜遥香は耐えられる?

西野七瀬も大号泣した乃木坂46恒例「ヒット祈願」企画 初センター嘉喜遥香は耐えられる?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

西野七瀬も大号泣した乃木坂46恒例「ヒット祈願」企画 初センター嘉喜遥香は耐えられる?の画像1
賀喜遥香 乃木坂46 公式サイトより

 28枚目シングル『君に叱られた』のリリースを9月22日に控えている乃木坂46。新しいシングルが発売されるたびに、毎回、冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)(11枚目までは『乃木坂って、どこ?』)内でシングルヒット祈願企画が行われている。

 その企画では、トップアイドルとは思えないほどの過酷なミッションが与えられることもしばしば。

「例えば、遠藤さくらは24枚目シングル『夜明けまで強がらなくていい』と27枚目『ごめんねFingers crossed』でセンターを務めていますが、前者では富士山に登り、後者では日本一高いバンジージャンプを飛ぶという試練を課せられています。シングルによっては、センター以外のメンバーもバンジージャンプや滝業、滝登り、登山などにもチャレンジしてきました」(テレビ誌ライター)

 今では体を張った企画が多くなっているが、初期にはメンタルをやられてしまったメンバーもいたという。

「デビューシングル『ぐるぐるカーテン』の時は、全国各地の街頭にメンバーが立ち、計4600個のティッシュを全て配るというミッションでした。地下アイドルさながらに自らティッシュ配りしていたのは、国民的アイドルとなった今の乃木坂46からは想像もできません。しかし、当時まだ無名だった彼女たちの配るティッシュを受け取ってくれる人は多くはなく、メンバーは精神的に疲弊してしまいました。あまりのツラさに西野七瀬が大泣きしてしまったシーンはファンの間では語り草です」(アイドル誌ライター)

 そして、2012年5月2日に発売されたセカンドシングル『おいでシャンプー』のヒット祈願は、AKB48・指原莉乃のソロシングル『それでも好きだよ』が同日発売であったことから、指原の地元大分で『おいでシャンプー』のPRをするというものだった。

「地元の人に『指原と乃木坂、どちらのCDを選びますか』と問うという、またもやメンタルをえぐるような企画でした。この2つのシングルは関連グループが同時にシングルをリリースするということで、オリコンチャートでどちらが上位となるか競う形となり、それもまたメンバーにとってはストレスだったに違いありません。しかし、ヒット祈願の甲斐があったのか、オリコンチャートではデイリーでも週間でも『おいでシャンプー』が上位となりました」(前出・アイドル誌ライター)

 今回発売される28枚目シングル『君に𠮟られた』は、賀喜遥香が初センター。当然、ヒット祈願企画の目玉も彼女になるだろう。

「このコロナ禍で人が集まるような企画や旅行系の企画は考えにくいので、またしてもバンジージャンプやスカイダイビングのような高所ものになると予想しています。賀喜はプロレベルと言っていい絵描きの才能があるので、彼女の特技を使った企画になんかも面白そうですね」(前出・アイドル誌ライター)

 毎回様々なドラマを生んできたヒット祈願企画。今回の28枚目シングルヒット祈願も近いうちに放送されると考えられるが、果たしてどんな試練がメンバーを待ち受けているのだろうか。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/09/17 13:31

西野七瀬も大号泣した乃木坂46恒例「ヒット祈願」企画 初センター嘉喜遥香は耐えられる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真