日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 坂道3グループ同時に“新センター”誕生

乃木坂、櫻坂、日向坂…3グループ同時に“新センター”誕生! 坂道グループ序列にも変化アリ?

乃木坂、櫻坂、日向坂…3グループ同時に新センター誕生! 坂道グループ序列にも変化アリ?の画像1
(左)乃木坂46賀喜遥香、(中)櫻坂46田村保乃、(右)日向坂46金村美玖

 乃木坂46、櫻坂46、日向坂46が、相次いで新曲のフォーメーションを発表。乃木坂の28thシングル『君に叱られた』のセンターは賀喜遥香、櫻坂の3rdシングル『流れ弾』は田村保乃、日向坂の6thシングル(タイトル未定)は金村美玖と、全グループで新たなセンターが誕生した。3グループはいずれも秋元康プロデュースの“三姉妹”。いずれ劣らぬ人気を誇り、しのぎを削ってきたが、今回のシングルでその序列に変化が生まれるかもしれない。

「3組とも紅白に連続出場する人気グループですが、少しつまずいたのが櫻坂です。もともと欅坂46というグループ名で、デビューシングルの『サイレントマジョリティ』以降、活動は極めて順調でしたが、メンバーにスキャンダルが相次いだ挙げ句、絶対的エースの平手友梨奈がグループを脱退。活動がしばし停滞した後、グループ名を櫻坂に変更して再出発したものの、シングルの売り上げでは“妹分”の日向坂の後塵を拝しています」(週刊誌の芸能記者)

 紅白にも出場したアイドルグループがグループ名を変更するなど前代未聞。ようやく浸透した名前を捨てれば、離れるファンがいても不思議ではない。ただ、今回センターに抜擢された田村は、それを一気に巻き返すことができる“逸材”だとアイドルライターはいう。

「今回、新センターに抜擢された3人のうち、賀喜遥香と金村美玖は似たタイプ。黒髪ストレートの清楚系で勉強もでき、グループ外の仕事もそつなくこなす優等生です。ただ、2人共とにかくマジメな性格なので、センターというポジションに立った時、責任を感じすぎてしまいそうで、そこは不安要素です。

 一方、田村保乃はホンワカとした性格で、勉強は苦手ないわゆる“おバカ系”。アイドルファンにいかにも人気が出そうなタイプですし、バラエティ番組にもハマりそうです。しかも田村はつい先日、ファースト写真集で水着を披露し、大胆ショットの連発で男性陣から喝采の声が上がったばかり。センター抜擢を機に、一気に人気が爆発するかもしれません」(アイドルライター)

 コロナ禍で握手会が出来ないこともあってか、シングルの売り上げは3グループとも低下傾向。そのプレッシャーを跳ね除けて笑うのは、果たしてどのグループ?

木村之男:1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

木村之男(芸能記者、TVウォッチャー)

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

きむら

最終更新:2021/09/01 17:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed