日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Snow Man渡辺翔太のピアスを開けた理由「可愛い」

Snow Man渡辺翔太、左耳に続き右耳にもピアスを開けた理由が「可愛い」とファン歓喜

文=藤川響子(ふじかわ・きょうこ)

公式サイトより

 9月9日、Snow Manの渡辺翔太がジャニーズ事務所公式モバイルサイトのブログ「すの日常」を更新。左耳に続き、右耳にもピアスを開けたことをファンに報告したが、その理由が話題を呼んでいる。

 渡辺は「皆んなよく気づいたねぇ」「SNSで皆んなが発見したのを見たのよ笑」と綴り、一部ファンの指摘どおりに最近、右耳にピアスを開けたことを報告。その理由は「思いつき」だそうで、左耳に2個開いているのに右耳は開いていないという状態について「ふと最近、俺なんで右には空いてないんだろって思って、開けたのよ!」と明かし、文末には両耳のピアス装着が分かる自撮り写真を数枚アップしていた。

 また渡辺は、10月から12月にかけて開催される全国ツアーのツアーグッズについて言及。ペンライトのデザインについて、「ペンライトやばいでしょ笑 美顔器みたいとか言ってんの知ってんだからな~笑」とSNSをチェックしていることを暗に匂わせながら、メンバーも「美顔器みたい」と騒いでいたことを明かし、「でもスタイリッシュでカッコいいでしょ!!」と仕上がりに自信をのぞかせていた。さらに渡辺は、「ジャンボうちわ」の裏面のデザインについてもファンが盛り上がっていたことを把握しているとし、「うちわの裏でトレンド入りしてたのも皆んなさすが笑!!」とファンを称賛。メンバーそれぞれのニックネームがローマ字で綴られ、それぞれのメンバーカラーで印字されているデザインなのだが、渡辺は自らのニックネームの表記を「Shoppi」とするか「Shoppy」にするかで迷い、自分では決めきれず最終的には制作陣に託したというエピソードを明かしながら、「皆んながグッズで喜んでくれてるのが伝わって嬉しいね!」と綴った。

 この渡辺のブログを受け、ファンからは「しょっぴーの右耳のピアスの謎解けた(笑)」「しょっぴー教えてくれてありがとう」「思いつきで右耳にピアス開けた渡辺可愛すぎてしねる」と、理由を知ることができて嬉しいという声が続出。また渡辺がファンのSNSを見ていることを示唆していたため、「しょっぴーさすがエゴサしまくりやん笑 ピアスもペンラもさすがやん」「しょっぴーSNSチェックしてくれてるんだね!」と感心の声が上がっていた。

「渡辺さんといえばグループいちの美容番長なことで知られていますが、SNSでのファンの反応をしっかりチェックし、自身やグループの成長につなげようと常に努力していることが伝わってきます。ファンの中には『しょっぴーが見るかもしれない』とSNS更新にさらに熱が入る人も多いようです」(芸能事務所スタッフ)

 自らのピアス事情やツアーグッズの裏話などを丁寧に書き綴る渡辺の優しさに胸ときめかせたファンは多いようだ。

藤川響子(ふじかわ・きょうこ)

最終更新:2021/09/11 08:00

Snow Man渡辺翔太、左耳に続き右耳にもピアスを開けた理由が「可愛い」とファン歓喜のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真