日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 歴史エッセイスト・堀江宏樹の「大河ドラマ」勝手に放送講義  > 『青天を衝け』慶喜と栄一の再会シーンにおける虚実

『青天を衝け』徳川慶喜と渋沢栄一の再会シーンにおける虚実 栄一をたしなめた慶喜の態度には理由があった?

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

『青天を衝け』徳川慶喜と渋沢栄一の再会シーンにおける虚実 栄一をたしなめた慶喜の態度には理由があった?の画像1
草彅剛演じる徳川慶喜と吉沢亮演じる渋沢栄一(『青天を衝け』公式Twitterより)

 前回の『青天を衝け』では、パリ帰りの渋沢栄一と、駿府の寺・宝台院(現在の静岡市葵区)で謹慎生活を送る失意の徳川慶喜が2年ぶりに再会するシーンが話題となったようです。

 史実によると明治元年(1868年)12月20日、渋沢は徳川昭武(民部公子)が兄・慶喜に宛てた手紙を手に、昭武が渡欧する際に幕府から用立てられた資金の精算なども行うべく、駿府に到着しました。

 当時、駿府藩(明治2年以降は静岡藩に名称が変更)には、将軍家から一大名に転落した徳川宗家が入っていました。またこの時、すでに慶喜は徳川宗家の当主の座を失っており、徳川一門である田安家から養子に入った徳川亀之助という少年が新当主となっていました。慶喜は亀之助の養父という位置づけで、かろうじて徳川宗家とのつながりを保っている状態です。

 昭武からの手紙を慶喜に渡してほしいと駿府藩の藩庁に託した渋沢ですが、それから4日後、慶喜からは「宝台院に来てくれ」という連絡が来ました。

 ドラマでは「鳥羽伏見の戦い」以降に慶喜が下した政治的決断の数々について、納得できない渋沢が悔しがり、慶喜に意見するような言葉をおもわず吐いてしまったところ、慶喜から「昔のことを言ってもどうにもならない。パリでの民部公子(=徳川昭武)について聞きたい」と冷静に返され、渋沢が「ハッ」とするシーンが印象的でした。前将軍ともあろう方に、失礼なことを言ってしまったと渋沢が反省したようにも見える場面でした。

 また、慶喜は渋沢の報告を楽しそうに聞き、「民部(公子)が無事に帰国できたのはお前のおかげだ」と礼を言って去っていきましたが、あの場面は本当にあったことのようです(渋沢の談話をまとめた『雨夜譚会談話筆記』)。

 一方で、二人の間に当初は存在したわだかまりを象徴するかのような寒々しい曇天が、対話の末にいつしか冬晴れに変わっているという演出がドラマでは取られていましたが、史実では、両者の対面は人目を忍んで夜間に行われたそうです。宝台院に謹慎中の慶喜が客に会うことは本当にめったにありませんでした。その中でも例外的に渋沢を迎え入れたことを世間には知られたくなかったのでしょう。

 渋沢の回顧録からは、約2年ぶりに慶喜の顔を見た途端、彼の心中に複雑な思いが湧き起こったことがわかります。この対面についての渋沢の証言をまとめると、二人が会ったのは本当に座布団もなく、古くて汚い畳が敷かれた寺の六畳間だったそうで、ドラマよりもさらにわびしい場所でした。その部屋にお供も連れず、慶喜が一人でフラッと現れた時、「2年前は将軍だった方がこんな落ちぶれ方をして……」と渋沢の目に涙が浮かんだそうです。

 渋沢本人によると、ドラマのように慶喜の下した政治的判断に物申すような姿勢を見せたというよりも、「『鳥羽伏見の戦い』以降、あなたが適切な選択をしなかったことが私には悔やまれる。それゆえ、あなたは現在のような境遇に落ちてしまった。そして、私もこれからどうやって生きていけばよいのかもわからない……」などと、愚痴っぽいことを言ってしまっただけのようですね。

 しかし、慶喜はまったく気にとめる素振りも見せず、「愚痴はやめなさい」と穏やかに言っただけでした。渋沢が現在の慶喜の苦境に同情するような言葉をかけた時も、慶喜は超然としたままで、相槌ひとつ打とうとしなかったそうです。

 こうした慶喜の態度に「すごい方だ」と史実の渋沢は素直に感動しましたが、筆者には、徳川家最後の将軍となってしまった慶喜は“今後どういう態度を世間に対して取るべきか”をすでに決めていたのだろうなぁ、と思えてなりません。彼が重視したのは、いかに威厳のある態度を保ちつつ、触れられたくない幕府瓦解時の逸話に“黙秘”を貫けるかでしょう。

12

『青天を衝け』徳川慶喜と渋沢栄一の再会シーンにおける虚実 栄一をたしなめた慶喜の態度には理由があった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

水川あさみと窪田正孝夫妻への懸念

 10月期の月9ドラマ『ラジエーションハウス...…
写真
インタビュー

深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテク

 ”大喜利お姉さん”として新たなファン層を獲得しているセクシー女優の深田えいみ。発売...
写真