日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 『関ジャム』aikoが相変わらず怖い

『関ジャム』ラブソングの巨匠・aikoが相変わらず怖い。今年リリースの新アルバム、衝撃の1曲目

『関ジャム』ラブソングの巨匠・aikoが相変わらず怖い。今年リリースの新アルバム、衝撃の1曲目の画像1
Tver公式サイトより

 9月26日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にて、O.A.に入り切らなかった超貴重シーンをお届けする“未公開エピソード放出スペシャル”が放送された。

そろそろaikoの特集を組んでほしい

 8月29日に放送された「プロが真面目に選んだキュンとしたラブソング特集」を今見ると、興味深い。ちなみに、この回のゲストはゴールデンボンバーの鬼龍院翔、TempalayのメンバーのAAAMYYY、「紅蓮華」の作曲者であるアーティスト・草野華余子の3人である。それぞれの人生にリンクした形で思い出に残るのがラブソングだ。というわけで、AAAMYYYと草野は過去の恋愛体験を赤裸々に語った。

「バンドやられてる男性ってわりとすぐ恋しちゃったり、悪い恋をいっぱいするじゃないですか。そういうのを目の当たりにしてショックだった。(「“バンドマンやべえな”って思ったんですか?」の問いに)そうですね(苦笑)」(AAAMYYY)

「すごく好きだった人に彼女がいて、その人は実は彼女よりも大好きな人がいるけど2番目に好きな人と付き合ってて、それもうまくいかないときの3番目が私だったんです」(草野)

「バンドマンやべえ」とか“2番目3番目”のエピソードを、このときの鬼龍院はどんな気持ちで聞いていたのかが気になる。また、このタイミングでこの回のこの場面を流す『関ジャム』もエグいと思うのだ。

 それはさておき、この回は草野の分析が出色だった。彼女が定義する“3大ラブソングの巨匠”は、宇多田ヒカル、椎名林檎、aikoである。奇しくも全員が同期、98年デビュー組だ。

 注目は、草野がaikoを語るパート。彼女が取り上げた楽曲は、aikoの「ばいばーーい」であった。「傷付かないように 気でも遣ってくれてたの だったらお願い今すぐ全部返せよ」「あなたの世界はあなたの世界で あたしのベッドもあたしのベッドだ」という歌詞に続く「両方上手に神様にバレない様に 頼んでたの?」という箇所でドキッとする。ここで、二股をかけられていた事実を明かしているのだ。そして、最終的に「ねえ 時間が過ぎるって凄いことなの この曲を作り終えた後 あたしは少し前を向いている」で締める着地。エンディングでいきなり、曲の主人公が生身のaikoになる構成なのだ。これにはヒヤッとした。

 ちなみに、「ばいばーーい」は今年リリースされたアルバム『どうしたって伝えられないから』のオープニング曲である。1曲目からこれだったのだ。衝撃がえげつないし、重すぎて地上波で分析するには腰が引けるナンバーだと思う。生々しいと言うより、そのときの気持ちを本人が書いたような曲なのだから。相変わらず、しみじみ怖い人である。関ジャムはそろそろaikoの特集を組んでほしいと思う。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed