日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『関ジャム』ラブソング特集=宇多田とドリカム?

『関ジャム』「ラブソング特集」とは即ち、宇多田とドリカムだった。悲恋を綴る女性ミュージシャンの歌詞世界

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『関ジャム』「ラブソング特集」とは即ち、宇多田とドリカムだった。悲恋を綴る女性ミュージシャンの歌詞世界の画像1
『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)Twitter(@kanjam_tvasahi)より

 8月29日放送『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)が行ったのは、「プロが真面目に選んだキュンとしたラブソング特集」だった。ゲストは9月4日に結婚を発表したばかりのゴールデンボンバー鬼龍院翔、TempalayのメンバーのAAAMYYY、「紅蓮華」の作曲者であるアーティスト・草野華余子の3人。さらに、大原櫻子とシンガーソングライターの向井太一も選者として名を連ねている。

「プロが選んだ○○」というテーマでは、常に主観を根拠とした分析が展開される。ましてや、「キュンとしたラブソング」特集だ。恋愛観は人それぞれのもの。要するに、なかなか共感しづらい企画だった。

「(小学生時代に)クラスで1番人気の男の子がいて。(告白は)してません。できませんでした、みんなが好きだったんで。(その男の子は)足、速かったですね」(AAAMYYY)

「(大学生時代は)友好関係がバンドマンが多かったんで。(中略)悪い恋をしているのを目の当たりにしてショックだったのと。ちょっと大人な恋愛を経験しました」(同)

 一体、何を聞かされているのかという……。ラブソングとは、その人の人生にリンクした形で思い出に残る。そこで重要になってくるのは歌詞だろう。歌詞を分析するのは、個々の主観だ。端的に言うと、選者の思い出語りを拝聴する“恋バナ回”になってしまったのだ。関ジャニ∞&古田新太が、若い女の子の惚れた腫れたをツマミにキャッキャする回というか……。

切ないラブソングに付きものだった「タバコ」の存在

 でも、不毛なだけでもなかった。恋バナを聞いているうちに、ある1つの重要キーワードが浮かび上がったのだ。それは、「タバコ」。

 AAAMYYYが大学生時代にキュンとしたラブソングは、チャットモンチーの「染まるよ」だったそう。この曲には「プカ プカ プカ プカ 煙が目に染みるよ 苦くて黒く染まるよ」という歌詞がある。

「(バンドマンって)みんなタバコ吸うじゃないですか、たむろして。それがすごいカッコ良く思えちゃって、すぐ恋しちゃう感じがあって」(AAAMYYY)

 好きだった女性にフラれ、その子がタバコを吸っていたから「煙草」という曲を作った鬼龍院翔の例もある。フラれたショックで自分もタバコを吸い始めた思い出を綴った曲だ。以下の歌詞が心に痛い。

「君のマネして吸う煙草も 本当は全然美味しくないの
 ただ君のことが知りたくて……」

 大原が挙げたのは、宇多田ヒカルの「First Love」だった。「最後のキスはタバコのflavorがした」という一節が印象深い名曲である。

 切ないラブソングには、タバコが付きものだった。「染まるよ」も「煙草」も「First Love」も、描かれているのは悲恋だ。

12

『関ジャム』「ラブソング特集」とは即ち、宇多田とドリカムだった。悲恋を綴る女性ミュージシャンの歌詞世界のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

中島岳志が見る2021年衆院選の行方

 政治学者・中島岳志氏を迎えた本インタビュー。前編「『選挙に行こう』だけでは意味がな...
写真