日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 空気階段はポスト・バナナマン?

キングオブコント優勝の空気階段はポスト・バナナマン? 冠番組スタートで完全に軌道に乗った!

キングオブコント優勝の空気階段はポスト・バナナマン? 冠番組スタートで完全に軌道に乗った!の画像1
『空気階段の空気観察』(系)Twitter(@kuki_kansatsu)より

 10月2日に開催された『キングオブコント2021』決勝戦(TBS系)で、3年連続決勝進出の空気階段が、見事優勝を果たした。10月7日夜には冠番組『空気階段の空気観察』(テレビ朝日系)も始まり、ブレイクへと着実に歩を進めている!

 先日放送の『キングオブコント2021』ファーストステージでは、歴代最高となる486点を叩き出し、圧倒的な優勝をもぎとった空気階段。テレビ業界では、そのクオリティーの高いネタはもちろんのこと、バラエティータレントとしての能力も高く評価されている。

「すでに鈴木もぐらの“クズキャラ”がブレイクしていますが、もぐらはキャラクターだけでなく、トークもロケもなんでもいけるオールマイティープレイヤーという評価ですね」(制作会社関係者)

『キングオブコント2021』決勝戦にも進出していたニューヨークは、10月3日にYouTubeで配信された『ニューヨークのニューラジオ』にて、2年後輩となる空気階段についてこう話していた。

「空気階段は盤石でしょう。コントの本格派としての道をね(進んでいくだろう)」(嶋佐)
「バラエティーも出るからね。だから、バナナマンさんみたいな感じになるんじゃないか」(屋敷)

 コント師として定期的に単独ライブをやりつつ、バラエティー番組でお茶の間の人気者となり、さらに深夜ラジオで自由なトークを繰り広げる──。空気階段はまさに“ポストバナナマン”最右翼となっているのだ。

「TBSラジオ『空気階段の踊り場』はもう4年以上続いていて、若手芸人のラジオ番組の中ではトップクラスの人気です。また、今年2月に行われた単独ライブ『anna』の配信チケットは1万780枚売れました。ライブシーンの人気はバナナマン以上と言えるかもしれないですね」(お笑い事務所関係者)

 空気階段の“売れ方”も、バナナマンに通ずるところがあるという。

「バナナマンは、まず日村さんの“キモイ”キャラクターが注目されるようになり、その後2008年の第1回『キングオブコント』で準優勝をしたことで、本格的にブレイクしていきます。そして、設楽さんのトーク力なども世間一般に知れ渡るようになり、ついにはフジテレビ系の朝の帯番組『ノンストップ!』のMCに就任。こうしたファン層を広げていきました。

 空気階段も、まずはもぐらの“クズキャラ”が浸透してからキングオブコントで結果を出すというのは、バナナマンと同じ流れです。あとはこれから、水川かたまりの面白さが世間に伝わっていくのを待つだけですね」(同)

 ということは、かたまりが朝の帯番組のMCをするような展開があるということなのか?

「かたまりは、実はもぐら以上の変人で、サイコパスなんて言われてしまうことがあるくらい。慶応大学を3カ月で中退したり、11カ月で離婚したりなど、私生活の面でのツッコミどころも多い。帯番組のMCタイプでは決してないものの、バラエティーでその類まれなるパーソナリティーを発揮していく可能性はかなり高いでしょうね」(前出・制作会社関係者)

 そんな空気階段の冠番組『空気階段の空気観察』(テレビ朝日系)が10月7日にスタートする。

「テレビ朝日は、最高のタイミングで空気階段の番組をスタートすることになります。こういったプラットフォームがあることで、2人の魅力はより一層引き出される。さらには、同期のオズワルド、蛙亭、さらに先輩のニューヨークなど、勢いのある若手芸人との関係性も強く、ともにブレイクしていく可能性も高い。完全に天下を取る条件が揃っているんですよね。今年の後半から来年にかけて、空気階段が一気に売れまくっていくと思いますよ」(同)

「史上最高のキングオブコント」と絶賛された今年の大会を制した空気階段が、バラエティーの世界までをも制する時がやってきそうだ。

 

浜松貴憲(はままつ・たかのり)
1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

浜松貴憲(ライター)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

はままつたかのり

最終更新:2021/10/06 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真