日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 乃木坂46樋口日奈「ひなちま史上最高」は今!

乃木坂46樋口日奈、キャリア10年目の今が「ひなちま史上最高」な理由

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

乃木坂46樋口日奈、キャリア10年目の今がひなちま史上最高な理由の画像1
樋口日奈Instagram(@higuchi_hina_official)より

 10月1日、乃木坂46のひなちまこと樋口日奈が、ラジオ番組『イマドキッ ドュフドュフ90分』のレギュラーと、朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)の月曜日シーズンレギュラーになったことがそれぞれ発表された。

 1期生の樋口は乃木坂46として10年間のキャリアがあるが、選抜は新曲の「君に叱られた」を含めて6回。活動の多くをアンダーメンバーとして過ごしてきた。しかし、今年に入って確実に波に乗ってきていているという。

「今年1月に放送された木村拓哉主演のドラマ『教場Ⅱ』(フジテレビ系)への出演を機に、役作りのためにずっと長かった髪をショートカットにしました。これがいい流れをもたらしたように思います。年齢のわりに大人びていて掴みどころがなかった樋口ですが、ショートにしたことで整った目鼻立ちがこれまで以上に強調されるようになりました。まさに綺麗でセクシーな雰囲気もあるお姉さんといった印象ですね。その後、舞台『フラガール-dance for smile-』の主演を務め、今年は2作連続で選抜入り。今、髪は少し伸びてボブの長さになっていますが、まさに2021年は樋口にとって飛躍の年となっています」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、乃木坂46に加入して10年というタイミングで芽が出るのはかなりの遅咲きではないか。樋口の人気はなぜ今までくすぶっていたのだろうか。

「加入当初の樋口はまだ13歳。齋藤飛鳥らと共に“年少組”と呼ばれ、あどけなさが売りだったと思います。しかし、樋口の大人びたルックスとは合わず、キャラが確立できていなかったのかもしれません。元メンバーの白石麻衣と同じ正統派美人なので、どことなく系統が被ってしまっていたのも要因でしょう。ですが、樋口の握手会での神対応ぶりはファンから定評がありました。また、樋口は自分以外のメンバーの選抜入りを満面の笑みで喜ぶなど、いつも素直でまっすぐな姿をファンに見せ続けていた。そのような“見た目だけでなく、心も綺麗な子”というアイドルの王道イメージは、ファンにとって好感度が高いのは言うまでもありません。グループでは最古参の1期生だけに、フレッシュな後輩たちの勢いに押されてしまいそうですが、樋口の場合は、ルックスも人気も10年間で今が最高でしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 活躍しすぎることで、逆にファンが気がかりなのが、やはり“今後”のことだ。

「樋口の躍進ぶりは喜ばしいことですが、これらの活躍は卒業の準備をしているからなのでは、と懸念するファンもいます。安定した外仕事をできるようにならないと乃木坂46を卒業しても芸能界に残ることは難しい。卒業後に舞台やテレビに出られるように、外仕事を増やしてもらっているのかもしれません」(アイドル誌編集者)

 10年間、スポットライトのど真ん中からは少し外れた場所で努力し続けた樋口は、これからどんなシンデレラストーリーを見せてくれるだろうか。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2021/10/07 18:00

乃木坂46樋口日奈、キャリア10年目の今が「ひなちま史上最高」な理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

Kダブが語るトランプと共和党論

 トランプ支持を表明するケーダブシャインは、バイデンをどう評価しているのか。また...
写真