日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 松本潤の櫻井&相葉への祝福に戸惑う嵐ファン

「ニノの時と違いすぎ!」 嵐・松本潤、櫻井&相葉へのハイテンション祝福に戸惑うファンが続出

「ニノの時と違いすぎ!」 嵐・松本潤、櫻井&相葉へのハイテンション祝福に戸惑うファンが続出の画像
写真/GettyImagesより

〈お二人、本当におめでとう‼幸せになってください〉
〈お二人、また近々会った時にお祝いさせてください。ホントにおめでとう‼〉

 嵐・松本潤が、ジャニーズ事務所公式モバイルサイト「Johnny’s web」の個人連載コーナー「Enjoy」を9月30日に更新し、結婚を同時発表したメンバーの櫻井翔と相葉雅紀を祝福した。しかし、「おめでとう」を連呼するあまりのハイテンションぶりに、戸惑ったファンも多かったようだ。

「松本は2人の結婚がよほどうれしかったのか、〈特別な関係性の人たち〉〈大事なメンバー〉と形容しながら長文でお祝いしました。また、ポジティブに受け取れない一部のファンに向けて理解を求めるなど、松本の仲間想いが伝わる文章となっています。

 しかし、松本といえば、嵐活動休止前に二宮和也が結婚を発表した際には猛反発し、ツアーでは常に距離を取り、目も合わせないほど険悪な関係になっていたと報じられていました。確かに、二宮の場合は嵐の活動休止前で、お相手が元フリーアナウンサーでファンウケも悪かったことなど状況が違う面もありますが、この時は『Enjoy』ではまったく触れていなかった。そのため、ファンサイトでは『ニノがかわいそう』『ここまで櫻井、相葉に触れて二宮には触れないって逆に凄い』『ニノとの差が明らかすぎてやばくない?』『二宮さんの時と大違いすぎて大爆笑』と苦笑コメントが連打されています」(女性誌記者)

 そして、同じく注目を浴びたのがリーダーの大野智の対応だ。すでに、2人の結婚については「もうおじさんだから体だけは気をつけて、これからの新しい家族と共に人生助け合って生きてください!」とのコメントを発表しているが、胸中はけっして穏やかではなかっただろう。

「もともと嵐の活動休止のきっかけとなったのは、大野が当時交際していたシングルマザーと結婚したかったから。しかし、事務所や櫻井、相葉に強く反対されているうちに破局となってしまった。大野は2015年に10歳年下の元女優との同棲を報じられた際には会見を開き、交際を否定しただけでなく、『もう一切会わない』との誓約までさせられた。今年の4月に『女性自身』で新恋人との京都旅行をスクープされたとはいえ、自分が未婚でメンバー3人が先に結婚した状況には内心ブンむくれていてもおかしくはない」(芸能記者)

 大野は度重なる自身の身辺からの情報漏洩に不信感を持っているといい、芸能界に復帰する気はなさそう。

「松本も、主演する2023年の大河ドラマが終了した2024年あたりに結婚となる公算が高いと目されています。そして、2025年には嵐の活動再開が予定されているともっぱらでしたが、大野が孤立した今の状況では可能性はほぼないと見ていい。嵐よりもSMAPが再結成するほうが、まだ現実味がありそうです」(前出・女性誌ライター)

 嵐が再結成されるとしたら、全員が結婚した時となるのかもしれない。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2021/10/08 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed