日刊サイゾー トップ > 芸能  > 広瀬アリス、オタクキャラ崩壊で矢口の後継者に?

広瀬アリス、『エヴァ』庵野監督を知らない! オタクキャラ崩壊で“にわかの矢口”後継者に?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

広瀬アリス、『エヴァ』庵野監督を知らない! オタクキャラ崩壊で“にわかの矢口”後継者に?の画像
写真/GettyImagesより

 今後の“キャラ”に悪影響が出そうな大失態となってしまったかも?

 女優の広瀬アリスが10月4日放送の『ネプリーグSP』(フジテレビ系)に出演した。

 広瀬は自身が出演する同日スタートの月9ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』のメンバーと共にクイズに挑戦。「顔と作品名を見て映画監督を答えろ!」というコーナーで、広瀬に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の監督の名前を答える問題が出題されたのだが……。

「広瀬といえば、マンガ、アニメ、声優好きを公言しており、以前に人気アニメ『鬼滅の刃』で主役の声を務めた花江夏樹が『情熱大陸』(TBS系)に出演した際には、自身のツイッターで『幸せかっ 私幸せか!!!!!!』と大興奮していました。そうしたキャラが高じて『ジョージア』のCMでは声優好きOLに扮しています。そんなオタク属性の強い広瀬ですから、簡単に答えられるサービス問題かと思っていたのですが、意外にも彼女は『どなた?』『誰?』と狼狽。最後は両手を広げてギブアップし、『自分、エヴァ観てないんですよ』と釈明しました。しかし、ドラマで共演する同じオタクキャラの本田翼が『庵野秀明さん』と監督の名前を答えると、広瀬は『あー、一生会えないかも』と、ぼう然としていました」(芸能ライター)

 視聴者からは「いざ自分があの場所に立ったら無理だろうなぁ」「正直、私も作品と監督はあまり結びつかない」「趣味の違いだろーね。興味無い人は知らないよ」と擁護する声も聞かれる一方で、これまでのオタクキャラを疑う人も続出している。

 サブカル誌ライターが言う。

「自宅には1000冊を超えるマンガがあり、専用の部屋もあると公言していた広瀬ですが、漫画ほどアニメには詳しくはなさそう。その漫画にしても、2017年6月放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にマンガ好き芸能人として登場した際には、ラブコメは読まないというケンドーコバヤシに同意し、おすすめ作品として『骨が腐るまで』『今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね』『女子高生に殺されたい』などを挙げて『危険人物』扱いを受けてましたし、今年4月放送の『アメトーーク!』に再登場した際にも、注目作品として『復讐の未亡人』『私の夫は冷凍庫に眠っている』『「子供を殺してください」という親たち』などを紹介し、『後味めっちゃ悪い漫画が大好き』と公言。好みがかなり偏っている印象ですから、『エヴァンゲリオン』を通っていなくても不思議ではありません。

 とはいえ、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、コロナ禍にあって興業収入100億円を突破した大ヒット作ですし、エンタテインメントの世界で仕事をしている人間として、庵野監督の名前を知らないのはやや不見識だと言われても仕方がない。本田に監督の名前を聞かされた時に後悔した素振りを見せていましたから、名前は知っていたようでしたし、これまでの“キャラ設定”から『わたし知らない』と開き直れば済む話でないことも本人はわかっているようでしたね」

 かつて、「芸能界屈指の漫画好き」と公言していた矢口真里は、以前から人気漫画『ONE PIECE』の大ファンであるとアピールしていたが、以前『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で芸能人が『ONE PIECE』にどこまで詳しいか競う「ワンピース王決定戦」に出場した際には、クイズに1問も答えられずに赤っ恥をかき、ネット上で「にわかの矢口」と嘲笑を浴びたものだった。

 広瀬が“第2の矢口”とならなければいいが……。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/10/09 20:00

広瀬アリス、『エヴァ』庵野監督を知らない! オタクキャラ崩壊で“にわかの矢口”後継者に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真