日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 中日、懸念される「立浪氏のスキャンダル対応」

中日、立浪氏に監督打診で懸念される「スキャンダル対応」

中日、立浪氏に監督打診で懸念される「スキャンダル対応」の画像
写真/GettyImagesより

 セ・リーグBクラスに低迷している中日ドラゴンズが、球団生え抜きOBの立浪和義氏に来季の監督就任を打診したことがわかった。10月26日、阪神タイガースとの今シーズン最終戦後に正式要請する。また、与田剛監督の今シーズン限りでの退任も発表された。

 12日午後、球団親会社のメディア「中日スポーツ」が一報をネットニュースで配信、その後、球団幹部が打診したことを認め、前向きな返答をもらったと話した。立浪氏は名古屋市内の自宅前で、解説者として出入りするCBCテレビ、東海テレビのインタビューに応じ、「ようやく出番が来たなというという感じが正直な気持ち。シーズンが終わってから早くきちんと答えを出したいが、要請を頂いたことはすごくありがたく受け止めています」などと語った。

 プロ野球OBは「3年契約が今年で終わる与田監督はファンからの人気もあまりなく、おまけにチーム成績が低迷したことで退任は既定路線。ただ、投手の防御率が12日時点でセ・リーグ1位の3.23と立て直しを図れた。球団はポストを準備すると話しており、巡回コーチの形で球団に残る可能性は考えられる」と話す。

 今年2月の春季キャンプで立浪氏は臨時コーチに就任し、バッターを指導していた。前出のプロ野球OBは「1カ月も満たない時間で教え込むのは難しいが、選手にとっては指導方針を一から教える手間が省けるのは大きいですね。何とか立て直しをして欲しい」と期待感を膨らませている。

 しかし、立浪氏の監督就任には大きな問題が以前より指摘されている。

「女性関係、反社会的勢力との密接交際に関する話題が何度も週刊誌に報じられています。女性関係だけでも、モデル経験のあるタレントとの件が有名ですが、それは氷山の一角と言われています。公人になるとたちまち標的にされてしまい、今まで表に出てこなかった話が次々と爆発する可能性があります」(プロ野球関係者)

 ただ、2019年に野球殿堂入りを祝う会が名古屋で行われた時には、発起人に名古屋の民放テレビ局の社長が揃い、監督就任に障害はないとも言われていた。

「立浪氏は名古屋のメディアだけでなく政財界ともパイプがあります。土地柄、地元をないがしろにはできない分、バックアップ体制をしっかりすればやっていけると球団も考えたのでしょう」(同上)

 歴代8位の通算2480安打を記録したミスタードラゴンズはゴシップネタにも負けず中日を再建することができるのだろうか。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2021/10/17 06:00
関連記事
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』道隆が強行した中宮/皇后問題

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真