日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 日本ハム新庄監督、 時間がかかったのは疑惑解消のため?

日本ハム新庄監督爆誕! 時間がかかったのは数々の疑惑解消のため?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

日本ハム新庄監督爆誕! 時間がかかったのは数々の疑惑解消のため?の画像1
新庄剛志(写真/GettyImagesより)

 プロ野球北海道日本ハムファイターズは10月29日、来シーズンから球団OBの新庄剛志氏が監督を務めることを発表した。近日中に会見を開いて、本人が意気込みを語るという。

 球団が新庄氏の監督就任を発表後、すぐさま新庄は公式ツイッターを更新。

「プロ野球の存在意義は そこの街に住む人達の暮らしが少しだけ彩られたり、単調な生活を少しだけ豊かにする事に他なりません その裏側に誰を笑顔にするかを常に心に秘めて 新庄剛志らしく突き進んで生きます」と心境を綴っている。

 チームはここ数年、大谷翔平など戦力の流出もあって下位に低迷しており、観客動員数も右肩下がりが止まらない状態。さらに拍車をかけたのが今年、球団公式SNSで選手同士が人権侵害するような発言をしていことが発覚し、さらに中心選手だった中田翔の暴力行為事件が表面化。中田の暴力行為に関しては、最終的には読売ジャイアンツに無償トレードされたが、その際の謝罪をめぐっても球団フロントが失態を犯すなど悪循環が続いていた。

 プロ野球OBは新庄監督誕生の経緯をこう語る。

「親会社が求めるのはクリーンで、さまざまな世代――中でも子どものファンに支持される球団イメージ。だが実際はこれらから遠くかけ離れており大きな改革が必要だった。今年開催された東京五輪の、野球日本代表監督で金メダルを取った球団OBの稲葉篤紀氏も、彼の妻が選手やその配偶者にパワハラ発言を繰り返していたことが週刊誌で報じられるなど、すぐ引き受けられる状況ではない。ならば発想を180度転換して『客が呼べる人気者』を据えるために新庄氏を呼んだのが実情です」

 阪神でデビューし一斉を風靡した後、MLBにも渡った新庄。帰国して日ハム入りしてからは、森本稀哲をいじるなど、プレー以外でも野球を盛り上げてきた。前述のツイッターでのコメントについても「らしい」という声があがっている。

 しかし、新庄氏が監督候補として急浮上してからすぐに発表できなかったのにはどうやら訳があるようで……。

「プロ野球の1軍監督ですから、家族構成から借金問題、人間関係、法令違反していないかなど事細かい身体検査を球団はしなければいけませんが、そこに時間がかかったのでしょう。特に新庄氏は過去、海外で生活を送っていた頃にさまざまな疑惑も一部で報じられた経緯がある。何とかクリアした、ということで結論付けたのでしょうね」(芸能関係者)

 最近は芸能活動を行っていたこともあり、芸能界からも新庄監督誕生に歓迎の声が上がっている。来年2月、沖縄県名護市の日本ハムの春季キャンプにはさまざまなタレントたちがロケを行い、新庄ファイターズ取り上げることが増えることになりそうだ。これを機会に日ハム、そしてパ・リーグが盛り上がってくれればよいのだが……。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/11/03 21:00

日本ハム新庄監督爆誕! 時間がかかったのは数々の疑惑解消のため?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真