日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ハンオシ』視聴者置いてけぼりの急展開

「え、1話見逃した?」 『ハンオシ』視聴者置いてけぼりの「キャラ変の大渋滞」展開

文=東海林かな(しょうじ・かな)

「え、1話見逃した?」 『ハンオシ』視聴者置いてけぼりの「キャラ変の大渋滞」展開の画像
ドラマ公式サイトより

 毎週火曜日の夜10時から放送されている清野菜名主演のTBS系連続ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』。先週放送の第4話は世帯平均視聴率10.0%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)で番組初の2桁を記録し、『ハンオシ』の略称も次第に定着してきたところだが、ここにきて主要キャラクターたちの急な“キャラ変”展開に、視聴者が置いてけぼり気味になっているようだ。

 まず1人目にキャラ変したのは、坂口健太郎演じる百瀬柊。ヒロイン・大加戸明葉(清野菜名)の偽装結婚相手だ。これまで「食事も洗濯も別々、お互いの生活に干渉しない」というTHE・ドライな柊だったが、第3話で明葉が柊を「友情のハグ」として抱きしめたことをきっかけにキャラ変。明葉を「女友達」に認定し、手料理を振舞おうとしたり、日帰り温泉旅行に誘ったりと人が変わったかのように明葉に懐くようになった。

 同名マンガが原作となる『ハンオシ』。2次元ならこの急激なキャラ変もさほど違和感なく見られるかもしれないが、生身の人間が演じるとなると、どうしても唐突さ、不自然さが目立つ。ネットでも「急にどうした?」「あまりのキャラ変にこちらも戸惑う」「友達になっただけでそんなキャラ変する?」と違和感を覚える声が上がっていた。

 そして、キャラ変が起きた2人目は、柊の義姉(兄の妻)・百瀬美晴(倉科カナ)。柊の中学時代の同級生であり、柊が密かに片想いをし続けている相手だ。いつも笑顔で天真爛漫、花のような存在の美晴。あざとさを感じる一面もあるが、それすらも彼女の“素”であるように見えた。しかし、美晴が旦那との妊活がうまくいっていないことを柊に相談するシーンで、純真そうな美晴の印象は一変。目だけが笑っていない表情でどこか一点を見つめながら、兄との結婚が打算的であったことを告白した。

 この美晴のキャラ変については違和感こそなかったものの、1話の中で2人のキャラクターが大幅に変わったことで、視聴者からは戸惑いの声が。「一度に2人もキャラ変するな(笑)」「え、1話見逃した?ってくらいみんなキャラ変してる」「キャラ変の大渋滞」などといった声が上がっており、視聴者は置いてけぼりを食らったような印象を受けたようだ。

 とはいえ、柊はともかく、美晴のキャラ変は今後の物語に大きな影響を与える予感がする。美晴が打算で柊の兄と結婚したのならば、彼女が本当に好きだったのは、もしかすると柊なのかもしれない。となると柊と美晴は両想い。しかしその2人が結ばれようものならヒロインの立場はなくなってしまう。視聴者を振り回す『ハンオシ』だからこそ、胸キュンドラマの型を破るような展開を期待してもいいのかもしれない。

■番組情報
火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』
TBS系毎週火曜22時00分~
出演:清野菜名、坂口健太郎、倉科カナ、高杉真宙、前野朋哉、中川翔子、笠原秀幸、小林涼子、森永悠希、長見玲亜、深川麻衣、岡田圭右、木野花、田辺誠一 ほか
原作:有⽣⻘春「婚姻届に判を捺しただけですが」(祥伝社「フィール・ヤング」連載中)
脚本:田辺茂範、おかざきさとこ
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
プロデューサー:松本明子、那須田淳
主題歌:あいみょん「ハート」(unBORDE/Warner Music Japan)
演出:金子文紀、竹村謙太郎 ほか
編成:宮﨑真佐子
製作:TBSスパークル、TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/hannoshi_tbs/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2021/11/16 19:00

「え、1話見逃した?」 『ハンオシ』視聴者置いてけぼりの「キャラ変の大渋滞」展開のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

ミス週刊少年マガジンを受賞

「もう少しだけ。もう少しだけ、撮らせてください」  秋晴れの乃木坂での撮影は、所定の...
写真