日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Snow Man「朝ドラ落選」が放送されたワケ

Snow Man向井康二「朝ドラ落選」告白の放送を許可したジャニーズの狙いとは?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

Snow Man向井康二「朝ドラ落選」告白の放送を許可したジャニーズの狙いとは?の画像
写真/Getty Imagesより

 ジャニーズ事務所が、朝の連続テレビ小説と大河ドラマというNHKの2大番組の“乗っ取り”を進めているのではと一部で囁かれている。

 11月29日には嵐・松本潤が主演する2023年の大河ドラマ『どうする家康』の出演者発表会見が行われ、2014年放送の大河『軍師官兵衛』で主役を務めた元V6の岡田准一が織田信長として出演することがわかった。

「他にもムロツヨシ、阿部寛、有村架純などが出演しますが、松本と親交があり、ジャニーズタレントとの絡みも多い面子で固めてきた印象です。さらに一部報道では、松本お気に入りのグループのジャニーズJr.がバーター出演するとの噂も出ているといい、急に乗馬の練習を始めたとか。ある媒体では、なにわ男子など具体的なグループ名まで出ています。

 また、NHKのもう一つの看板番組である朝ドラには、今年前期の『おかえりモネ』にKing & Princeの永瀬廉が、現在放送中の『カムカムエヴリバディ』にSixTONESの松村北斗が出演。着々とNHKに食い込んでいる印象です」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、ジャニーズタレントが多数出ることにアレルギーを持つ層がいることも事実。前出のテレビ誌ライターが続ける。

「東山紀之が故・藤田まことさんから主人公・中村主水を引き継いだ『必殺仕事人』シリーズ(テレビ朝日系)がそのいい例です。東山版は第一弾からレギュラーにTOKIO・松岡昌宏、関ジャニ∞・大倉忠義が参加し、2009年の連ドラ版の途中からは大倉の代わりとして当時KAT-TUNの田中聖が加わった。田中退所後の2014年からは今度はHey! Say! JUMPの知念侑李が据えられ、主題歌もずっと東山、松岡らによるユニット曲となっているなど、すっかり“ジャニーズ仕事人”となり、藤田時代の必殺ファンは離れていってしまっています。来年1月9日に放送予定の2022年スペシャルは、さらにKing & Prince・岸優太となにわ男子・西畑大吾をゲストとして投入するとのことですから、視聴者層はほぼジャニーズファンだと見られます」

 こうしたなか、12月4日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)におけるSnow Man・向井康二の発言に注目が集まっているという。

 番組後半、「ミュージカル映画のオーディションを自分だけ準備ゼロで受けることになったら?」というドッキリが放送された時のこと。スタジオでオーディションにまつわるエピソードを訊かれた向井は「今年1回(受けたオーディションが)ありましたよ。朝ドラです」と明かした後、「(オーディションが)リモートやったんです。けっこう長いセリフやったんで、僕はホワイトボードに書いて、それをこっそり見ながらやりましたけどね」と発言したのだ。千鳥・大悟に「落ちた?」と訊かれた向井は「落ちました」とあっさり認め、スタジオは笑いに包まれたのだが……。

「おそらく向井が受けたのは、黒島結菜ヒロインの2022年度前期『ちむどんどん』か、福原遥がヒロインの後期『舞いあがれ!』のどちらかでしょう。向井は不合格だったとのことですが、“カンニング”していたことや、他局の内情を語るコンプライアンス意識の薄さに、ネット上では辛らつな声が飛び交いました。しかし収録番組ですから、普通ならマネージャーなりジャニーズ側のチェックが入り、カットされそうなものです。向井のキャラクターを考えると多少“盛った”可能性もありますし、そもそも提供バックの短いシーンなのでスルーされてしまっただけの可能性も充分にありますが、一方であえて放送させ、“ジャニーズタレントであってもきちんとオーディションを受けている”とアピールする狙いがあったのではとも言われています」(芸能関係者)

 朝ドラだけでなく、大河ドラマにおいてもあるジャニーズタレントの発言が賛否を呼んだばかりだ。

「6日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、関ジャニ∞・村上信五が、“松本潤のバーターで『どうする家康』に出演する”という目論見を語ったんです。これは、以前から同番組で繰り返されてきた“紅白の司会を狙う村上”というネタの一環で、大河に出ることで紅白司会に一歩近づく……という冗談だったのですが、放送は岡田准一の出演が明らかになった後で、さらに直後にはジャニーズJr.がバーター出演する噂があると一部で報じられたため、“バーターで大河に出る”という冗談がシャレになっていないと騒がれました」(前出のテレビ誌ライター)

 はたして『どうする家康』は“ジャニーズ大河”となるのだろうか。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/12/15 18:00

Snow Man向井康二「朝ドラ落選」告白の放送を許可したジャニーズの狙いとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

令和ロマンが語る令和芸人の歩き方

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者...
写真