日刊サイゾー トップ > 芸能  > たけし『Nキャス』降板で他局も追随?

ビートたけし『Nキャス』降板で他局も追随? 音声スタッフが苦慮する“滑舌問題”

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

ビートたけし『Nキャス』降板で他局も追随? 音声スタッフが苦慮する“滑舌問題”の画像
ビートたけし(写真/GettyImagesより)

 ビートたけしが、TBS系の報道・情報番組『Nキャス』こと『新・情報7daysニュースキャスター』を来年3月いっぱいで降板することを「週刊ポスト」(小学館)の人気連載「ビートたけしの21世紀毒談」の取材の中で告白したと「NEWSポストセブン」が報じた。

 たけしは『Nキャス』がスタートした2008年10月から約13年間にわたって出演。同局の安住紳一郎アナとの当意即妙なトークの応酬が人気を呼んだ。

「『ポストセブン』によると、たけしは11月27日に降板を決意したと説明。その日はTBS系で放送されたプロ野球の日本シリーズが白熱して延長戦にもつれ、『Nキャス』の開始が2時間以上も遅れ、深夜0時を回ってからになった。これにはたけしも『正直なところ真夜中スタートの生放送はかなりしんどかった』と言い、『そろそろ負担のかかる仕事をセーブしていかないとマズいんじゃないか』と思ったといいます。ともあれ、たけしは降板しても『やりたいことはまだまだ残っている』と意欲満々。『映画だったり、小説だったり、自分が本当にやりたいことにきちんと時間と精力を注いでいかないと、きっと後悔すると思ったんだ。だからわがままを言わせてもらったんだよ』と前向きにとらえているようですが……」(芸能ライター)

 もっとも、ネット上では「ここ数年は滑舌が良くなくなって聞きづらい面が多々あったので良い判断かも」といった声も目立つ。確かに、たけしには近年、“滑舌問題”が浮上していた。特にマイクを通した生の声はそれが顕著だったという。

「例えば、2019年まで開催されていた『東京スポーツ映画大賞』の授賞式。たけしは公の場になかなか現れないため、たけしが審査員長を務めるこの授賞式はかなり貴重な場だったが、近年は受賞者を称賛するあいさつの声が聞き取りづらく、声がクリアに拾えなかったので我々も困ってしまいました」(ワイドショー関係者)

 とはいえ、芸能界のトップに君臨するたけしも74歳で高齢だ。寄る年波には勝てず、滑舌が多少悪くなっても仕方ない。

「生放送はやり直しが利かないため、音声には特に気を遣います。『Nキャス』では音声スタッフたちが配慮し、たけしの声がよりクリアに視聴者に届くよう特別な調整をしていたと聞きました。たけしは他にも、『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)、『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)にレギュラー出演していますが、いずれの番組スタッフも抱えていた悩みは『Nキャス』と一緒。たけしは以前から高額ギャラもネックとなっていましたから、春には降板ラッシュが始まるかもしれません」(テレビ関係者)

 テレビの仕事が落ち着けば、たけしも“滑舌問題”を気にすることなく、創作活動に取り組めるはずだ。

 

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/12/21 06:00

ビートたけし『Nキャス』降板で他局も追随? 音声スタッフが苦慮する“滑舌問題”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

『シン・ウルトラマン』に「笑ってまうよね」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真