日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 乃木坂46が抱える真面目な問題

乃木坂46キャプテン・秋元真夏も危惧? 卒業ラッシュのグループが抱える真面目な問題

乃木坂46キャプテン・秋元真夏も危惧? 卒業ラッシュのグループが抱える真面目な問題の画像1
秋元真夏

 12月15日に発売された、乃木坂46の10周年を記念したベストアルバム『Time files』。その直前、ウェブメディア「モデルプレス」では、キャプテン・秋元真夏のインタビューが配信されていた。

「秋元はこの中で、自身のターニングポイントは2019年に2代目キャプテンに就任した時だと明かしました。この時から後輩メンバーの得手不得手もしっかり把握してサポートしなくてはならないと感じ、常にグループ全体を見るようになったそうです。しかし、自分に自信がない中、支えているはずの後輩に支えられることが多く、『まいちゅん(新内眞衣)はみんなに話しかけていて、救われているメンバーは多い』と、2期生・新内の存在に感謝していました。新内は2022年1月に卒業することをすでに発表していますが、メンバーを支え続けてきた新内がいなくなることで、秋元への負担はさらに大きいものになるでしょうね」(アイドル誌ライター)

 新内はグループ最年長で、1期生よりも年上。メンバーの“メンタルケア担当”になっていたのかもしれない。

「また、秋元は“夢を叶える秘訣を感じられるメンバーはいるか”との質問に『生田絵梨花』と答えています。生田は自分の時間全てを努力のために費やしていて、なおかつそれでも“みんなのほうが大変でしょう?”というマインドの持ち主だそう。秋元だけでなく、生田はさまざまなメンバーから“努力の天才”と称されていて、彼女に特別な憧れを抱く後輩は大勢います。年内での卒業を発表している生田ですが、彼女がグループにいたことは乃木坂46にとって非常にいい影響があったと思われます」(前出・アイドル誌ライター)

 生田といえば、乃木坂46の現役メンバーでありながら、ミュージカル界のプリンセスと呼び声も高い。個人としての存在感が大きく、すでに“乃木坂46”という肩書がついていない外仕事も多くある。

「乃木坂46はメンバー同士の仲の良さが大きな魅力となっていますが、秋元いわく、同期同士の結束が強くなる一方で、先輩後輩関係の希薄化という欠点が出てきているそう。1期生はすでに10年もグループに在籍しているプロ中のプロ。しかし、縦のつながりが希薄化してしまうと1期生からの学びも少なくなってしまいますし、ファンが好きな乃木坂46の雰囲気も失われかねない。キャプテンとしてそのあたりを危惧していたのでしょう。年明けには5期生が加入予定で、かなり若いメンバーもいるでしょうから、ジェネレーションギャップが生じることもあるかもしれません。5期生をどう教育し、融合していくのか、今後の課題になるでしょう」(芸能ライター)

 卒業ラッシュ真っただ中の乃木坂46。アイドルグループにとって“世代交代”は真面目な問題だが、乃木坂46がどう進化を続けていくのか見守りたい。

久田萬美(アイドルライター)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

ひさだまんみ

最終更新:2021/12/21 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed