日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「乃木坂生田最後のFNS歌謡祭」で粋な計らい

乃木坂46・生田絵梨花「最後のFNS歌謡祭」で見えた番組カメラマンの粋な計らい

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

生田絵梨花(乃木坂46ウェブサイトより)

 乃木坂46・生田絵梨花が12月11日、音楽専門チャンネルMTVのアコースティックライブシリーズ『MTV Unplugged』に出演し、一夜限りのアコースティックアレンジで全10曲を披露した。

 生田は8日放送の『2021 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)にも出演し、自身の卒業曲『最後のTight Hug』のパフォーマンスに加え、斉藤由貴の名曲『卒業』を熱唱。すでに年内での卒業を発表しているだけに、ファンもクギ付けになったようだ。

「『MTV~』は各メンバーとのデュエット形式で乃木坂46の曲を披露していましたが、とりわけ久保史緒里との『サヨナラの意味』は圧巻でした。生田に憧れている後輩メンバーは大勢いますが、中でも久保は特別に慕っていただけに、〈サヨナラに強くなれ〉という歌詞が誰よりも当てはまります。生田と久保は歌唱力も高いためよけいに、ファンの胸にしみたようで、ツイッター上でもこの『サヨナラの意味』に涙したというファンの声が多く聞かれました。生田は12月14、15日に卒業コンサートを行いましたが、自身のインスタグラムでそのセトリには入りきれずに今回の『MTV~』で歌い納めになってしまう曲があったことも、明かしています」(芸能ライター)

 生田の卒業で“寂しいムード”全開の乃木坂46だが、卒業が目前なのは生田だけではない。

「今回の『FNS歌謡祭』では生田の卒業ムード一色でしたが、すでに卒業発表している新内眞衣(1月卒業予定)と星野みなみ(2月卒業予定)も同番組への出演は最後だったはず。それを考慮していたのか、番組のカメラは生田同様、新内と星野も長尺でとらえていました。これまでも歌番組で『最後のTight Hug』が披露されてきましたが、主にフロントの生田、齋藤飛鳥、秋元真夏ばかりが目立っていましたから、初めてのカメラワークに『みなみちゃんたくさん映った!』『まいちゅん長めで嬉しい』などと、ネット上では番組カメラマンに拍手が送られています。特に星野は、先日熱愛報道が出てしまい、実質的休業ののちに復帰したものの、若干逃げるように卒業する形になってしまっていたので、彼女をたくさん映す演出にはファンも驚いたようです。また、この曲が初披露された際に、曲の最後のフォーメーションでなぜ星野センターなのかと疑問視する人もいたようですが、それはこの曲が星野の門出を祝い、初期にフロントを務めていた『生生星』(生田、生駒里奈、星野の3人の通称)で共に第一線で頑張ってきた生田の見送りという意味もあったことを思えば、しっくりきます」(アイドル誌ライター)

 乃木坂46歴代メンバー最多の92曲という参加楽曲を誇る生田。その陰でひっそりと卒業を控えているメンバーのことも注目していきたい。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/12/20 07:00

乃木坂46・生田絵梨花「最後のFNS歌謡祭」で見えた番組カメラマンの粋な計らいのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

ユーチューバー宮迫博之、逆風止まず

 焼肉屋「牛宮城」の開業を目指し奔走中の元お...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真