日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『関ジャム』2021年は良曲多し?

『関ジャム』音楽P年間ベスト10後半戦 ヒゲダン、『大豆田』、宇多田…良曲多し?

『関ジャム』音楽P年間ベスト10後半戦 ヒゲダン、『大豆田』、宇多田…良曲多し?の画像1
『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)Twitter(@kanjam_tvasahi)より

 1月16日の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にて、恒例企画「売れっ子音楽Pが選ぶ年間ベスト10曲!」の後半戦が放送された。前半戦は全体的にマイナー曲で攻めていた印象だが、上位となる後半戦はどうなる?

<前回放送>『関ジャム』音楽Pの年間ベスト10「サブスクにない曲は見つけてもらえない」

Adoは「うっせぇわ」以外の曲もいい

 作詞家のいしわたり淳治が選んだ1~4位は以下だ。

1位:Ado「うっせぇわ」
2位:宇多田ヒカル「PINK BLOOD」
3位:Olivia Rodrigo「drivers license」
4位:Creepy Nuts「のびしろ」

 まず、2位にランクインした宇多田の「PINK BLOOD」に注目したい。この曲をいしわたりは以下のように評した。

「とても日本語をはめにくいメロディーなので、英語も堪能な彼女は英語で書いて然るべきなのに、抜群の良い違和感で、思いの伝わる日本語がセンス良くはまっていて衝撃を受けました」(いしわたり)

 確かに不思議な譜割りをした曲だ。「君に夢中」、「One Last Kiss」、「PINK BLOOD」と昨年出た宇多田のシングル曲はすべて当たりだったが、その中で「PINK BLOOD」は年間ベストに最も選びにくい曲だった。独特な譜割りが聴く者にどこか違和感を与えるからだ。逆に言えば、日本語詞でこの雰囲気を出せるのは宇多田だけという気もする。

 そして、1位はAdo「うっせぇわ」。あまりに耳にしすぎて「2020年の曲なのでは?」と思って調べたら、やっぱり2020年の曲だった。まあ、特に話題になっていたのは去年だし、2021年の流行語大賞でもある。そういう意味で、昨年のマイベストに入れても問題はないだろう。誰かが選ばなきゃいけない曲だし、いしわたりが選ぶならやっぱりこれだ。何しろ、「『うっせぇわ』は流行語になるんじゃないか」と昨年のかなり早い段階から彼は口にしていた。

 少し懸念しているのは、「うっせぇわ」ばかり際立ってハネたAdoがネタ化し、次第にオワコンになっていかないか? ということである。Adoは実は「うっせぇわ」以外の曲が意外にいい。筆者は彼女の「踊」がランクインするのではと、ちょっと期待していた。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『オッペンハイマー』を圧倒した『変な家』

 3月15日に公開された間宮祥太朗と佐藤二朗...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真