日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『関ジャム』音楽Pの年間ベスト10

『関ジャム』音楽Pの年間ベスト10「サブスクにない曲は見つけてもらえない」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『関ジャム』音楽Pの年間ベスト10「サブスクにない曲は見つけてもらえない」の画像1
『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)公式Twitter(@kanjam_tvasahi)より

 1月9日の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にて、恒例企画「売れっ子音楽Pが選ぶ年間ベスト10曲!」が放送された。個人的に年間マイベスト企画は興味の惹かれない特集なのだが、音楽業界はとにかくこういうのが好きである。音楽プロデューサーの蔦谷好位置は「2021年は特にめちゃくちゃ名曲が多かった」と振り返ったが、果たして。

Vaundyがやっときた!

 最初にマイベスト発表したのは、作詞家のいしわたり淳治だ。いしわたりは歌詞重視、蔦谷は楽曲重視で毎年曲を選んでいることは頭に入れておきたい。それにしても、元はSUPERCARのギタリストだった彼。この番組でもたまにはギターを弾きたくならないのだろうか? 兎にも角にも、今回いしわたりが選んだ5~10位は以下である。

5位:Vaundy「踊り子」
6位:スピッツ「紫の夜を越えて」
7位:あいみょん「愛を知るまでは」
8位:セイレム・イリース「Coke & Mentos」
9位:YUKI「Baby, it’s you」
10位:マハラージャン「セーラ☆ムン太郎」

 6位と7位にスピッツとあいみょんが並んでいるのにグッと来る。特に、6位の「紫の夜を越えて」だ。正直、スピッツにしては特に秀でた楽曲という印象は受けなかった。でも、作詞家目線のいしわたりのアンテナに引っかかったのだろう。彼が注目したのは、「なぐさめで崩れるほどのギリギリをくぐり抜けて」という一節だった。

「ご本人もそこまで考えているかわからないんですが、なぐさめられたときのあの申し訳ない感じというか、『こんなこと言わせちゃってるなあ』みたいなときって、感情の中にいろんな色がないですか? 『なんでこっち側から書かなかったんだろう……』って思ったんです」(いしわたり)

 スピッツの歌詞はもちろんだが、いしわたりの解説もすごい。当人が確信を得ずに詞を書いたとしても、いしわたりなら都合よく解説してくれそうな気さえする。

 そして、5位のVaundyである。やっときた。洋楽の何か(レディオヘッド?)で聴いたことがある気がするし、どこかユニコーンっぽい気もする「踊り子」。この曲はラジオでよくかかったし、ヒットした。今回、1位だったとしてもおかしくない曲である。きっと、蔦谷もVaundyは選出しているだろう。ちなみに、テレビアニメ『王様ランキング』(フジテレビ系)第2クールのオープニングテーマはVaundyの新曲「裸の勇者」だ。

 今年のランキングは、いしわたりにしては比較的渋い選出だった気がする。

123

『関ジャム』音楽Pの年間ベスト10「サブスクにない曲は見つけてもらえない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

青木真也が独自論を激白!

 今年1月、シンガポールで行われた「ONE: UNBREAKABLE」で、元ONEウ...
写真